>   > LVMH、ケリング、リシュモンetc…瀕...

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――ファストファッションの台頭によって、日本では高級ブランドの不調が叫ばれている。しかし、世界的に見ると、事情は少々違っていたようで……? ここでは、“ラグジュアリーコングロマリット”の今に迫ってみたい。

1610luxury01s.jpg
『ルイ・ヴィトンの法則―最強のブランド戦略』(東洋経済新報社)

 ここ数年、日本では「ラグジュアリーブランド」と呼ばれる高級ブランドが次々と撤退。売り上げが縮小傾向にあるとされてきた。例えば、2008年にはルイ・ヴィトンが銀座の新規出店を取りやめ、09年にはヴェルサーチが国内4店舗すべてを閉鎖(11年に再上陸)。10年にはグッチが松坂屋銀座店から撤退を表明している。

 一方で、同時期にはユニクロ、H&M、フォーエバー21などといったファストファッションや、各ラグジュアリーブランドの“セカンドライン(価格帯を抑えた商品)”が流行。並行して、ファストファッションブランドと提携し、安い商品を売り出す高級ブランドも相次いだ。クリストフ・ルメール氏がユニクロとデザイン契約を結び、15年秋から展開している「ユニクロ アンド ルメール」シリーズや、前年にアレキサンダーワンとH&Mが協力したコラボ商品「ALEXANDER WANG × H&M」の盛況ぶりは記憶に新しいだろう。

 ラグジュアリーブランドはもはや終焉した─。日本にいるとそんな声さえ聞こえてくるが、実態はそうではない。海外では、傘下に多くの高級ブランドを抱えるラグジュアリーコングロマリット(複合企業)がその勢力を拡大し続けている。ラグジュアリーブランドの経営戦略に詳しい早稲田大学ビジネススクール・長沢伸也教授は言う。

「ここ数年、ラグジュアリーコングロマリットの売り上げは落ち込むどころかむしろ上がっています。リーマンショックの後(09年頃)に少し落ち込みましたが、00年あたりと比較すれば、全体的に右肩上がりといえる。その主な拡大市場となったのは、日本を除くアジアなのです」

 成熟市場となった日本では実感しにくいが、世界のファッション産業には今、大きな変化が訪れようとしている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」