>   >   > 【タブーMV】傑作レビュー

――本誌ライター陣、小林雅明&丸屋九兵衛によるタブーMV傑作選。

1609_dirty_230.jpg

■ブリーフに抱かれて
【1】Prince「Dirty Mind」(80年)

もはや存在そのものがタブーだったのか……!? 殿下の早すぎた禁忌への挑戦
プリンスがいかに早熟な天才だったとはいえ、最初から音楽的に完成していたわけではない。そして、ヴィジュアルも然り。エロスを前面に出すようになったこの時期は、ジェリーカールとストレートヘアを組み合わせた変な髪型だった。さらに問題は衣装。ベージュ色のコートの下は……ビキニパンツいっちょ! また、この時期のプリンスは踊りが不得手で、歌の合間のアクションはビキニパンツを振り乱し(?)ながら飛び跳ねるのみ!見てはいけない“天才の恥ずかしい過去”を見た気になるMVである。(M)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載