サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【実話BUNKAタブー】の真の狙い
第1特集
ネットでまとめられて炎上、でおなじみのあの雑誌に直撃!

「バカ」「まずい」「キモい」「つまらない」のオンパレード――ある意味今一番“ヤバい”雑誌!?「実話BUNKAタブー」の真の狙い

+お気に入りに追加

――「オタクがキモくてヤバい」「マツコ・デラックス絶賛グルメ全部まずい」など少ない(!?)ボキャブラリーを駆使して、世の中の流行りものにケチをつけまくる雑誌「実話BUNKAタブー」をご存じだろうか。定期的にネットで炎上するこの雑誌だが、実際に読んだことがある人はそう多くないはず。何がしたいのか、編集長に聞いてきた。

1609_bunka1.jpg

■グルメ企画は「全部まずい」が基本
【1】「芸能界グルメ王美食祭 高くてまずいB級グルメばかり!」(16年7月号)
グルメ企画は雑誌の看板。『家系ラーメンすべてまずい』『ココイチ当然全部まずい』に象徴される「全部まずい」が定番の切り口。ほか『チェーン店パスタ一番まずいのは?』や『吉野家どれがまずい?』といったB級グルメが標的にされがちだが、なかには『モスバーガー全部まずい』『神保町のカレー屋地獄巡り』などのとばっちり系もあり。勝俣州和とアンジャッシュ渡部建が選ぶ名店の味が揃った「芸能界グルメ王美食祭」のイベントリポートでは、「不快」「茶番」「粗悪」などの文言が並び、最後は丁寧に「激まず店ランキング」でダメ押し。


1609_bunka2.jpg

■ブームになれば古典にだって唾を吐く
【2】「どう考えてもつまらない化石カルチャー 落語がブームという異常」(16年8月号増刊)
流行りものには乗っかってなんぼの雑誌業界だが、あえて叩くのが「BUNKAタブー」のやり方。『スターウォーズに並ぶ頭の悪い人たち』『マンガ大賞2016のマンガがどれもつまらない』『ベビメタブームに乗っかるダサいヤツらを大研究』などなど。そして『どう考えてもつまらない化石カルチャー落語がブームという異常』特集では、「おっさんが一人で話しているだけで喜べというのも無理がある話」「落語家は無能」と言い放ち、弟子入り制度については「映像をYouTubeかなんかで見て勉強すれば事足りる」と言いたい放題。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』