連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.52

エセジャーナリスト鳥越俊太郎が選挙惨敗! このまま葬ってはいけない4つの罪を徹底追及する

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1609_takasu.jpg
都知事選の前日、横浜銀蝿と仮面女子らアイドルを23組集めて、「WANGAN MUSIC CARNIVAL」を、借金覚悟(踏み倒すけど)で自腹主催。予想を上回る3000人を動員し大成功した!

 7月31日に行われた都知事選で鳥越俊太郎が惨敗した。鳥越は「住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし」と4つの公約を掲げたが、そのウラに4つの罪があった。

 1つ目は、今年5月「週刊新潮」が報じたNHKのドキュメンタリー番組での家系図捏造問題。こうなると彼のすべてが疑わしく見える。1989年に、当時の宇野宗佑首相が指3本(30万円)で愛人を囲っていたというスキャンダルは、自分が「サンデー毎日」編集長としてスクープしたと豪語していたが、実に怪しい。毎日新聞社会部のネタだったというのがもっぱらだ。

 この件で女性スキャンダルは致命傷だとわかっていたはずなのに、自らの女性スキャンダルが2つ目の罪。かつて岸恵子とフランス人の映画監督イヴ・シャンピの離婚原因は鳥越ではないかというウワサがあった。今回の選挙中には、女子大生への淫行疑惑が報じられた。

 3つ目は金銭問題。2005年、鳥越は虎の門病院でがん手術をした際、『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)で「手術費は3500円だった」と堂々コメント。後日「勘違い」と言い訳していたが、手術の一部始終を番組で密着させ、病院の宣伝をすることと引き換えにしたのだろう。反権力であるはずのジャーナリストが、特権で手術を受けたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」