サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【田中聖】の青春を彩ってきたマンガ

――今年30歳を迎えた田中聖。元KAT-TUNメンバーであると同時に、約1年前に結成されたロックバンドINKTでの活躍で大きな注目を集めている。そして彼は、知る人ぞ知るマンガ好きでもあるのだ。彼が語るマンガ遍歴、そして、目指すべきところをあのマンガにたとえると……?

1601_tanaka_01.jpg
(写真/黒瀬康之)

 田中聖。バンドINKT(インク)で「KOKI」として作詞とボーカルを担当する30歳。ジャニーズ事務所のアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバーとして、彼のことをご存じの方も多いだろう。彼は13年にKAT-TUNを脱退、翌14年にはバンドINKTで再始動し、新進気鋭のバンドとして大きな注目を集めている。

 ジャニーズ時代から独特のキャラクターで知られる彼だが、実は大のマンガ好き。自ら“ヲタク”を明言し、Twitterでコスプレ写真を披露するほどなのだ。

「親より、どんな恋人よりも近くで寄り添い続けているのはマンガ」と語る田中聖。その人生を、マンガはいかに彩ってきたのか? シンガポールの音楽フェス『SKECHERS SUNDOWN FESTIVAL 2015』から帰還したばかりの彼を直撃した。

――田中さんがマンガ好きとして知られるようになったのは、ここ2年ほどです。最近はどんな作品を読んでいるのですか?

田中聖(以下、田中) 今、単行本を買って読んでいるのは、『いぬやしき』【1】『亜人』【2】『テラフォーマーズ』(集英社)、『進撃の巨人』(講談社)、『東京喰種トーキョーグール』【3】『アイアムアヒーロー』(小学館)、『セブン☆スター』(講談社)……。それとは別に、「週刊少年ジャンプ」(集英社)を中学時代から毎週欠かさず買っています。読むときは一作品も飛ばさず、表紙から最後の筋トレの広告まで全部読みますよ(笑)。ジャンプ作品は完結後に単行本をまとめて買うんですが、『ジョジョの奇妙な冒険』と『HUNTER×HUNTER』だけは別格で好きなので、出るたびに買いますね。

――生粋のジャンプっ子なんですね。そんな田中さんのマンガ初体験は?

田中 幼稚園の頃、10コ上の兄貴の部屋に忍び込んで、『ドラゴンボール』とか『BASTARD!!』(共に集英社)を盗み読みして興奮していました。そう、不純な動機だったんです。ブルマのちょっとエッチなコマがある巻にペンで印をつけておいて、「これだこれだ」って本棚から抜き出すんですよ。『BASTARD!!』はまだ早すぎて、とにかくエロいってことしかわからなかったですけど(笑)。幼稚園時代は、『キャプテン翼』(集英社)に影響されてサッカー教室に入るものの、内向的な性格ゆえにボールが怖くて、「ボールは友達じゃない」ってやめちゃったこともありました(笑)。

 その後もマンガは普通に好きで、小学校中学年までは「月刊コロコロコミック」(小学館)、「コミックボンボン」(講談社)を読んでいましたね。小5のときには、マンガクラブに入って『名探偵コナン』(小学館)や『ドラゴンボール』なんかの模写をしていたり。で、中学に入って「週刊少年ジャンプ」を買うようになったんです。『グラップラー刃牙』(秋田書店)、『カメレオン』【4】『GOLD』(少年画報社)、『高校鉄拳伝タフ』【5】なんかのヤンキーマンガにのめり込んだのも、この時期。自分で買うだけじゃなく、兄貴の好きな『キン肉マン』『北斗の拳』(共に集英社)など黄金期のジャンプマンガ、弟の好きな『Dreams』(講談社)、『MAJOR』【6】なんて野球マンガも読み漁っていました。

――中学2年生になるとジャニーズ事務所に入所されますが、マンガとの接し方は変わりましたか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論