>   >   > 【西森路代】「男子は見た目だけで評価されるべきではない?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【7】

【西森路代】「男子は見た目だけで評価されるべきではない?」

+お気に入りに追加

――芸能界を去るイケメンのセカンドライフはどこに? 西森路代が"元イケメン芸能人"のその後を追う!

1410saitoyukis.jpg
『佑樹―家族がつづった物語』(小学館)

 サッカー界、フィギュアスケート界など、スポーツ界にもイケメンがいれば、ファンもいる。こうした現象は、最近に始まったことではない。80年代、早稲田実業の荒木大輔は甲子園でアイドル的人気となり、ヤクルトに入団するや否やCMに出演。「好きよ、好きよ、大輔くん」とアイドルが歌うそのCMは、あきらかにイケメン性を消費するものだった。そして、2000年代、同じ早稲田実業の斎藤佑樹もまた、アイドル的人気を誇った。

 しかし、こうしたアイドル的な人気には常に「ちゃらちゃらしやがって」という目線もつきまとい、故障や不調になると「ほれ見たことか、実力とルックスは別物なのだ」と見られやすい。

 そんな空気は、そうした選手を応援する女性たちにも影響する。顔で選んだと思われたくないために、「私は彼のプレイが好きなだけで、顔でファンなのではない」とわざわざ宣言する人も多いのだ。 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ