サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【国生さゆり】おニャン子クラブを救ったセーラーズの秘密

――わずか2年半の活動期間にもかかわわらず今なお伝説のアイドルグループとして語り継がれる、おニャン子クラブ。アパレルブランド「セーラーズ」を若者たちにはやらせるなど、社会現象を巻き起こした同グループで、アイドル街道を激走していた国生さゆり氏に、"あの頃"のアイドル衣装と自身の思いについて回想していただく!

1410_idol_05.jpg
(写真/黒瀬康之)

 私がアイドルをやっていた当時は、景気がよかったんですよ。「セーラーズ」はおニャン子クラブのトレードマークになってたけど、実は当初は衣装といっても私服だったんです。ただ、そうすると着回しにも限界があるし、出演ギャラを全部自分のお小遣いにはできない人もいるから、身なりに差が出るようになっちゃって。そういう"格差"があると、女の子って敏感じゃない? そんな時、セーラーズの社長さんがポンと服を無償提供してくれることになったんです。しかも、気前よく週替わりで。私は上京組で仕送りもない中で生活してたから、助かったなぁ。何より当時はそれがオシャレだったし。これが、『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)だけじゃなく、テレビ番組に出演する時はいつもセーラーズを着てたコトの経緯。

 デザインは揃いの衣装が多かったから、「色」が大きな意味を持ってました。誰が何色を着るかは曲を歌う時のフォーメーションで決まるから、最初は端っこの立ち位置だった私は、たいてい緑かオレンジ色。赤とか黄色とか、かわいい色を着られる子がうらやましくて。楽屋で「その色が着たい!」って、言い合ってることも……まぁありました(笑)。

 ソロデビューすると、専属のスタイリストさんがつくのが普通なんですけど、私の場合は違って(苦笑)、1枚目の「バレンタイン・キッス」【1】から2枚目の「夏を待てない」【2】(共に86年)までは、自分で衣装を用意してた。所属していたレコード会社のソニーさんが、私はすぐに辞めてお嫁さんになっちゃうと思ったんだって(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』