サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > カネと欲望渦巻く【JSファッション誌】業界
第1特集
ド派手な小学生ファッションはこうして生まれる!

ネットでは大批判の嵐、雑誌の売れ行きは絶好調 カネと欲望渦巻くJSファッション誌界

+お気に入りに追加

――ファッション誌全体が低調の状態が続く中で、女子小学生向けファッション誌が好調だ。この市場を牽引する3誌と、同じくローティーンファッション人気に一役買っているゲーム『アイカツ!』のコーディネート比較から、その内側を覗いてみよう。

1410_child_01.jpg
(写真/北川泉)
1410_child_02.jpg

■大人も安心!"子ども可愛い"児童雑誌
キラピチ
[発行元]学研パブリッシング
[発売]奇数月15日 
[創刊]2012年12月[価格]700円(税込)※「ピチレモン」の妹雑誌
※発行部数/13万部(12年10月1日〜13年9月30日のデータ)
[広告ページ]約12ページ+裏表ピンナップ
[読みものページ]約90ページ
[ファッションページ]約14ページ
 読みものページがファッションページの6倍以上あり、ファッション誌というよりは、少しオシャレな児童学習誌という印象。とはいえ、その読みものもグッズ・スポット紹介、自社発売の児童書の宣伝企画と、さほど充実しているわけではなく、半分はマンガに割いている。低予算で時間のない中作りました感が拭えない。ファッションのテイストは小学生らしいカジュアルで、一番安心感がある。

1410_child_03.jpg
(写真/北川泉)
1410_child_04.jpg

■恋愛着まわし企画も!赤文字予備軍
ニコ☆プチ
[発行元]新潮社
[発 売]隔月22日
[創 刊]2006年9月
[価 格]590円(税込)※「nicola」の妹雑誌
※発行部数/10万7300部(14年4月〜6月期)
[広告ページ]約34+3分の1ページ
[読みものページ]約57ページ
[ファッションページ]約55ページ
「女子小学生ナンバー1ファッション誌!!」と謳っているだけのことはあり、ファッション、読みものページ共に充実。予算も3誌の中で一番潤沢な印象で、見開き2ページのファッションスナップのために沖縄ロケができちゃうほどの気前の良さ。ファッションテイストは小学生らしいカジュアルから、そのまま合コンに行けそうな女子大生顔負けのキレイめスタイルまで網羅。”人からどう評価されるか”という点を重視した読みものや見出しが多く、未来の赤文字系女性を輩出するのに一役買いそうな一誌。

 3誌の中で唯一、ファッションページに男子モデルが登場するのも特徴のひとつ。小学校の教室を舞台にした恋愛がらみの着まわし企画も連載中である。最新号の読み物ページでは、「"メン友(男子の友だち)"をゲットしよう!」などの特集が設けられており、今友だちになっておくべきメン友として「一緒にいるとオトクがいっぱいな"ブルジー"くん」、「おいしいものを食べたいときに呼びたい"メッシーくん"」などを紹介。末恐ろしさがある。なお、毎号表紙を飾っているメインモデルの「香音」は、タレント・野々村真の長女。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』