サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【国生さゆり】おニャン子クラブを救ったセーラーズの秘密

――わずか2年半の活動期間にもかかわわらず今なお伝説のアイドルグループとして語り継がれる、おニャン子クラブ。アパレルブランド「セーラーズ」を若者たちにはやらせるなど、社会現象を巻き起こした同グループで、アイドル街道を激走していた国生さゆり氏に、"あの頃"のアイドル衣装と自身の思いについて回想していただく!

1410_idol_05.jpg
(写真/黒瀬康之)

 私がアイドルをやっていた当時は、景気がよかったんですよ。「セーラーズ」はおニャン子クラブのトレードマークになってたけど、実は当初は衣装といっても私服だったんです。ただ、そうすると着回しにも限界があるし、出演ギャラを全部自分のお小遣いにはできない人もいるから、身なりに差が出るようになっちゃって。そういう"格差"があると、女の子って敏感じゃない? そんな時、セーラーズの社長さんがポンと服を無償提供してくれることになったんです。しかも、気前よく週替わりで。私は上京組で仕送りもない中で生活してたから、助かったなぁ。何より当時はそれがオシャレだったし。これが、『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)だけじゃなく、テレビ番組に出演する時はいつもセーラーズを着てたコトの経緯。

 デザインは揃いの衣装が多かったから、「色」が大きな意味を持ってました。誰が何色を着るかは曲を歌う時のフォーメーションで決まるから、最初は端っこの立ち位置だった私は、たいてい緑かオレンジ色。赤とか黄色とか、かわいい色を着られる子がうらやましくて。楽屋で「その色が着たい!」って、言い合ってることも……まぁありました(笑)。

 ソロデビューすると、専属のスタイリストさんがつくのが普通なんですけど、私の場合は違って(苦笑)、1枚目の「バレンタイン・キッス」【1】から2枚目の「夏を待てない」【2】(共に86年)までは、自分で衣装を用意してた。所属していたレコード会社のソニーさんが、私はすぐに辞めてお嫁さんになっちゃうと思ったんだって(笑)。

「バレンタイン・キッス」はコンセプトカラーを自分で「赤」って決めたから、ジャケット写真は渋谷の109あたりで買った赤いボーダーのトレーナー。テレビ出演時も、全身赤で統一しました。

 もちろん、ヘアメイクも自前。私って、ポニーテールのイメージが強いと思うんだけど、理由があるんです。中高時代はオリンピック選手を目指して陸上ばっかりやってきたから、上京してアイドルになったはいいけど、アイラインひとつ引けなければ、ドライヤーも使いこなせなかったわけ。でも、ポニーテールなら、髪を結んでリボンをつければ、あとは前髪にコテを当てればサマになるから簡単でしょう? 

 おニャン子は関東近郊に住んでいる子が多かったから、お化粧も上手だし流行も知ってる他のメンバーがキラキラ輝いて映ったなぁ。樹原亜紀ちゃん、名越美香ちゃん、内海和子ちゃんは、特にキレイでオシャレだった。そんな中、自分はすごく劣って見えて、なんでも吸収しないと置いてかれるって焦ってたんです。だからそこからは、陸上部時代のようにストイックな努力の始まり。国内のファッション誌はもちろん、「VOGUE」や「i-D」みたいな海外のファッション誌を読み漁ったりしてね。 その後、3枚目の「ノーブルレッドの瞬間」【3】(86年)からはスタイリストさんがついて、衣装も一気に豪華になりました。この衣装はカネボウさんの86年の秋のキャンペーンソングになっていたから、ジャケット写真やテレビ出演の衣装も、CMのイメージを壊してはいけないという縛りがあって、メイクはもちろん衣装もすべてカネボウさんから派遣していただいた方にお願いしていました。昔も今も、クライアントさんへのこういう配慮は変わらないと思います。

 一方で、プライベートではヨウジヤマモトとかコム・デ・ギャルソンとかが好きでした。衣装はアイドルという職業のユニフォームだから、プライベートと違うのは当たり前だと思ってた。だって、全身真っ黒の服着たアイドルなんて応援したくないもん(笑)。でも、メンバーたちもみんな、衣装とのギャップがあったんです。立見里歌ちゃんは毛皮着てたし、生稲(晃子)も意外なんだけど、エルメスのカバン持って黒いコートなんか着ちゃったりしてた。

 たくさんの衣装の中でも、一番うれしかったのは『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出演するときの衣装! ステータスのある番組だったから、特に気合が入ってた。しかも視聴率が高いから、同じ衣装は二度と着れない。「自分も一回限りのお衣装が着れるんだ」ってうれしかったし、実際にすごく凝っててかわいかったんです。出演が決まったら、すぐ打ち合わせ。『夜ヒット』は歌手ごとに背景が変わるから、送られてくる背景や照明の絵コンテに合う衣装を考えるの。今思えば、衣装ひとつとっても、いろいろな人が「国生さゆり」の個性を一生懸命考えていてくれたんだよね。

 今のアイドルさんを見ていると、きちんと自己主張できてすごいなと思います。誰に言われるでもなく、自分で考えたキャラクターを押し出してくるでしょう? そのせいか、ほかのメンバーと同じような衣装で並んでても、おニャン子みたいにただの女の子たちの集団に見えず、一人ひとりの存在感がグッと際立ってるんだよね。

 あと、昔だったら考えられないようなギリギリの衣装を着るじゃない? AKB48の「ポニーテールとシュシュ」(10年)って、PVで全員ビキニの水着で歌ってたでしょう? 私、驚いたもん。私たちの時代は「露出=売れなくなった時に切るカード」だったから。でも、今はもう、トップアイドルだって露出の多い水着で歌わなきゃいけない時代なんだと思う。すごく大変。だけど、かわいそうとは思わない。それが今のアイドルなんだと思うから。

 私がアイドルをプロデュースするとしたらですか? きれいで歌もうまいけど、それ以外は何もできないような無垢なイメージにします。今の子たちは、衣装にしろ立ち振る舞いにしろ、サービス精神が前に出過ぎている気がするから、その逆をいきたい。聖子さんみたいな清純な衣装を着せます!

(ヘア&メイク/多絵(VAN COUNCIL))

1410_idol_06.jpg

国生さゆり(こくしょう・さゆり)
1966年、鹿児島県生まれ。高校在学中に応募した、フジテレビ『オールナイトフジ』美少女コンテストで優勝したことを機に、85年におニャン子クラブの会員番号8番としてデビュー。翌年2月には「バレンタイン・キッス」でソロ活動も開始。おニャン子クラブ解散以降は、女優として数多くのドラマや映画に出演。また近年は、歯に衣着せぬキャラクターでバラエティ番組でも活躍中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ