>   >   > 【町山智浩】射殺事件の無罪判決で蘇るもうひとつの惨劇
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第71回

射殺事件の無罪判決で蘇るもうひとつの惨劇

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『フルーツベイル・ステーション』

1309_machiyama_1.jpeg

2008年の大晦日、アフリカ系の黒人であるオスカー・グラントは母親や自身の恋人、娘たちといつもの日常を過ごしていた。しかし、09年の元旦、オスカーは鉄道警察に無抵抗のまま拘束され、射殺されてしまう――。全米を揺るがせた射殺事件を基に、被害者・オスカーの一日を再現している。

監督/ライアン・クーグラー 出演/マイケル・B・ジョーダン、オクタヴィア・スペンサー、メロニー・ディアスほか 日本での公開は未定


 7月13日、17歳の少年トレイヴォン・マーティン君を射殺したジョージ・ジマーマンに無罪判決が出た。

 2012年2月、夜7時頃、フロリダ州の住宅街で、トレイヴォン君は、近所のコンビニでアイスティーを買って、夜道を歩いていた。そして彼を背後から尾行していたジョージ・ジマーマンと、もみ合いになった。ジマーマンはボランティアで夜回りをしていて、トレイヴォン君を犯罪者だと思ったのだ。そしてもみ合いの最中、ジマーマンは拳銃でトレイヴォン君の左胸を撃ち抜いた。彼は自分が拳銃を持っていることをトレイヴォン君に言わなかった。

 しかし、フロリダの陪審はジマーマンを正当防衛で無罪とした。銃で武装する権利を主張するアメリカ人は拍手した。しかし、それ以外の人々は驚いた。拳銃を隠し持って誰かにケンカを売って、殴り掛かってきたら撃ち殺しても無罪なのか? トレイヴォン君は何も武器を持っていなかったのに。いや、そもそもジマーマンはなぜトレイヴォン君を犯罪者だと決めつけたのか?

 彼が黒人だからか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載