サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】ギャングと犯罪のるつぼ アメリカの小さな戦場
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第70回

ギャングと犯罪のるつぼ アメリカの小さな戦場

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『エンド・オブ・ウォッチ』

1308_machiyama_01.jpg

 アメリカ最悪の危険地帯であるサウス・セントラルを舞台に、メキシコ麻薬カルテルの秘密を知ってしまった2人の警官に迫り来る脅威との戦いを描く。撮影にはデジカムや車載カメラを採用し、よりリアルで臨場感のある映像表現を追求していることでも話題となっている。

監督・脚本/デヴィッド・エアー 出演/ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリックほか日本では8月17日より全国ロードショー


 アメリカに刑事映画は山ほどあるが、制服警官を主人公にした映画は少ない。その中でベスト3を挙げるなら、リチャード・フライシャー監督の『センチュリアン』(1973年)、デニス・ホッパー監督の『カラーズ 天使の消えた街』(88年)、そして今夏日本公開される、デヴィッド・エアー監督の『エンド・オブ・ウォッチ』の3本だろう。

 実は3本ともロサンジェルス市警の、サウス・セントラル地区を担当する警官コンビの物語だ。

 ネリ・ロドリゲス(16歳)、アンナ・アルティガ(27歳)、メロディ・ロハス(0歳)、エメリオ・ペレス(17歳)……。これは、サウス・セントラル地区で、07年から13年4月までの5年間に殺された被害者67人の名前と年齢の一部。9割が銃による射殺。バラまかれた銃弾は、死者数の10倍以上になるだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』