>   >   > 主要12音楽番組【利権とバーター】の実態
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【2】

プロデューサーとの力関係ですべてが決定!?主要12音楽番組“利権とバーター”の実態

+お気に入りに追加

──テレビ局は関連会社に音楽出版社を持つことが多く、レコード会社から音楽出版権収入の何割かを譲ってもらう代わりにアーティストを音楽番組に出演させて……という利権構造が存在することは半ば常識。そんな音楽番組のウラ側って、どうなってるんですか!?

『紅白』『MJ』石原Pの独裁体制!

■NHK
[業界ズブズブ度]80%

1308_musicch_02.jpg

『MUSIC JAPAN』
木曜22時55分~。NHKホールにてライブ公開収録。Perfumeと吉田一貴アナが極めてNHK的な教育的ゲームに興じる。


1308_musicch_03.jpg

『歌謡コンサート』
火曜20時~。高視聴率を誇る演歌系歌番組。演歌歌手はこれに出られたらとりあえず一人前。みんな歌が異常にうまいです。


 日本の音楽番組の最高峰ともいえる『紅白歌合戦』を抱えるNHK。現在の制作現場は紅白や『MUSIC JAPAN』のプロデューサーを務める石原真氏の独裁体制である。

 民放的な利権構造がなく、レコード会社や事務所と番組プロデューサー個人との関係がそのまま番組出演へつながりやすいため、過去にはプロデューサーから芸能事務所にキックバックを要求するなどの不祥事も。透明化は進んでいるものの、石原氏のAKB48への肩入れぶりを見ればわかる通り、現在もプロデューサー権限が強く、AKBや水樹奈々など独断的なブッキングも多い。

コストカットでベッキー降板(泣)

■日本テレビ
[業界ズブズブ度]10%

1308_musicch_04.jpg

『LIVE MONSTER』
日曜23時30分~。06年より続いた『Music Lovers』がリニューアル。観客席から応援してるゲストタレントのほほ笑みが、なんかツラい……。


1308_musicch_05.jpg

『ミュージックドラゴン』
金曜24時58分~。ベッキーのそつないトーク術が楽しみだったのに、番組リニューアル後はタカアンドトシがラッパーふうに曲紹介……。


 テレビ業界全体でコストカットが叫ばれている中、音楽番組に最も影響が出ているのが日本テレビだ。ゴールデンタイムの音楽番組は『ザ・トップテン』 を放送していた80年代以降は現在の『1番ソングSHOW』まで懐メロ系が中心。また深夜枠の『LIVE MONSTER』や『ミュージックドラゴン』は、予算削減でベッキーを降板させたりスタジオトークを大幅にカットし出演者を減らしたり、音楽番組全体で縮小気味。

 ゲストもバーター的色合いが強く、アミューズのflumpool、研音の家入レオなど大手事務所のアーティストが中心で、出演者が偏りがち。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』