サイゾーpremium  > 特集2  > 【人気ブロガー】が語るNHN「ライブドア買収に本気を見た!」

──NHN Japanがここ最近どういったサービスを展開してきた会社なのかは、前稿までで触れてきた通りだ。それでは、同社のブレイクの要因は一体どこにあったのか?ブロガー、情報環境研究者、そしてウェブエンジニアが、それぞれの目線でこの成功を分析する。

■ブロガー・いしたにまさき
屈辱の撤退から4年、ライブドア買収にNHNの本気を見た! 

いしたに・まさき
1971年生まれ。ライター&ブロガー。ブログ「みたいもん!」〈http://mitaimon.cocolog-nifty.com/〉運営。『ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である』(技術評論社)ほか、著書多数。最新刊に『あたらしい書斎』(インプレスジャパン)。


 NHN Japanは、もともとは「NAVER」が看板の検索の会社です。なぜ日本に進出してきたかというと、韓国ではすでに圧倒的ナンバーワンで、なかなか伸び代がないんですね。そうなると、どんどん新しいサービスを立ち上げるか、国外に出るしかない。しかしアメリカで勝負するのはやはり厳しいし、中国にもバイドゥなどがいます。そう考えた時、日本はマーケットのサイズや、グーグルが1位を取っている市場ではないといった複合的な理由で、進出するに足ると判断したのでしょう。しかしもちろん、いきなり大きなシェアを占められるはずはありません。だからほかのサービスも踏まえていろいろな場所でパイを獲りに行って、その結果、検索のほうも使ってもらえるようにしようという展開のほうが可能性が高い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』