サイゾーpremium  > 特集2  > 【不正疑惑】も気にしない韓国NHNの強さの理由

──NHN韓国本社の設立の経緯は少々複雑だ。まず、1997年3月にサムスン傘下のICT企業・サムスンSDSの情報技術研究所・検索エンジンチームが社内ベンチャーとして独立し、98年11月に「株式会社ハンゲームコミュニケーション」を設立した。さらに、99年6月に「ネイバーコム株式会社」を設立し、検索ポータルの「NAVER」を開始。同年12月から「ハンゲーム」をスタート。そして、00年7月にネイバーコム株式会社がハンゲームコミュニケーションを買収してサムスングループから完全に独立し、01年9月に社名を「NHN」に変え、現在の姿になったわけだ。

1210_kankoku.jpg
ハングルで「サッカー」と入力した場合の検索結果画面。1ページ目に表示される情報量が圧倒的に多く、日本人が見慣れているそれとは大きく違うはずだ。ページ上部に表示されているのはツイッターのリアルタイム検索で、どんどん更新されてゆく。

 NHNの11年の売り上げは2兆1474億ウォン(約1485億円)で、前年対比19・9%増加。営業利益は6204億ウォン(約430億円)で5・1%増加した。国内シェア2位のDaumコミュニケーションの同年の売り上げが4213億ウォン(約291億円)、営業利益が1143億ウォン(約79億円)なので、その差は一目瞭然である。

 また、11年5月に韓国の通信社・聯合ニュースが報じたところによれば、韓国国民の72%がNAVERを利用し、国内のインターネット利用人口の91%が毎日同サイトを訪問しているという。しかも利用者のうち、購買力が強いとされる20代以上の比率は76%に上るというから、その影響力は計り知れない。

 同社が国内ポータルでトップに躍り出た理由には、ユーザーの要求を満たしたサービスの充実が挙げられるが、中でも事業の大きな柱となっているのが「ハンゲーム」と「検索事業」だ。利用者の大半も、そこに集中している。

 ハンゲームは国内初のオンラインゲームとして、新たなジャンルを確立した。パズルゲームをはじめ、RPG、シューティングなど多彩なラインアップを備え、その数は300種類超。02年からさらに力を入れて進めた結果、会員数は3000万人を超え、今も伸び続けている。

 そして、韓国人が最も利用するNAVER検索。ブラウザのトップページから、スマートフォンでも専用のアプリを使って、何から何までここで探し出す。

 まずは「統合検索」。あるワードを検索窓に書き込むと、そこにツイッターの書き込みから関連サイト、写真、辞典、映像、各メディアのニュース、ブログまで、さまざまな情報が一気に表示される。ほかのサイトを訪れる必要がないほど、圧倒的な情報量が利用者を満足させているのだ(上画像参照)。さらに「知識検索」の利便性の向上も利用者増につながった。代表的なのが、「知識iN」検索。これは分野別の専門家が一般人の質問に答えてくれるサービスだ。今年4月からは映像での提供も開始した。ユーザーから多く寄せられる質問に対して、専門家が映像を通して説明をするというものである。

 こうした小さな隙間を埋める飽くなきサービス向上が、韓国国民の心をつかみ、グーグルをも押し退けてトップの座を確保しているわけだが、決して良い話だけではない。利用者が国民の7割となれば、影響力は絶大。最近では、これを政治家が利用しているのではないか、という「検索操作」疑惑が浮上することが多い。

 11年、あるメディアが「08年当時の大統領を弾劾するキャンドルデモに参加した人たちは100万人いたにもかかわらず、『李明博 弾劾』という検索ワードは(NAVERで)1万位にも入っていなかった」と報道。この記事が出るや否や、今度はこの検索ワードが一日中1位になるという不可解なことが起こった。また、ゲーム順位も上位はハンゲームばかりで、他社のランキングを不正に下げているのではないかという疑惑もいまだになくなっていないようだ。

(文/金明昱)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ