サイゾーpremium  > 特集2  > 【濱野智史】が語るNHN「LINEのキャラと"やる夫"は似てる!?」

1210_hamano.jpg

はまの・さとし1980年生まれ。情報環境研究者。著書に『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)、『希望論』(共著/NHK出版)などがある。最新刊は、小林よしのり氏・中森明夫氏・宇野常寛氏との共著『AKB48白熱論争』(幻冬舎新書)。


1210_yaruo.jpg
LINEスタンプの人気キャラ「ムーン」(上)と、2ちゃんねるAAの代表格「やる夫」。確かに似てる!

 仕事でさまざまな人たちに「どんなウェブサービスを使っているか」とインタビューをする機会が多いのですが、この1年で、「LINEを使っている」と回答する人が一気に増えました。昨年6月にサービスが始まって以降、急速にユーザー数を伸ばしていると発表されていますが、実際の感触としても、まさにその通りに増えている感じがします。ユーザーにはどんな層が多いかというと、ひとことで言うと、ツイッターやフェイスブックはやらなさそうな人たち。いわゆる主婦や非正規雇用のフリーターといった層ですね。

 ツイッターやフェイスブックというのは、結局のところ都市部の学生やホワイトカラー層が中心なんですね。つまり、常日頃から情報収集をする必要があり、ソーシャルメディアを使う理由がある人たち。日々知らない人に会う機会が多く、名刺を交換する習慣があるような人たちで、そうするとメッセージのやりとりに関してもツイッターのDMやフェイスブックのメッセンジャーを使うことが多い。だからLINEのようなメッセンジャーアプリを新たに必要としていないんですね。しかしそうした仕事に就いておらず、周囲にもそういう人がいない場合、スマホを買ってもツイッターやフェイスブックは使いません。震災以降、放射能に関する情報を得るためにツイッターアカウントを作る人は主婦層でも増えましたが、メール代わりに使うほど使いこなしている感じではない。だから「スマホはとりあえず買ったけど、別にツイッターやフェイスブックはやる必要がない」という人がそれこそ人口的には3000~4000万人程度いるんですよ。そうした人に向けて、プラットフォームをすっ飛ばして使える簡易メッセージングとして台頭したのがLINEなんだ、という認識です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報