サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【橋龍が愛した女】が学んだ「男性政治家という生き物」
第1特集
政治家の愛憎スキャンダル 告発する側・される側の主張【1】

『橋龍が愛した女』の著者・金沢京子が学んだ「男性政治家という生き物」

+お気に入りに追加

──小沢一郎、橋下徹と、また政治家の不倫スキャンダルが騒がしい。そこで、政治家の愛憎スキャンダルといえば! ということで、久しぶりに姫井由美子参議院議員と、現在は作家の金沢京子氏を直撃! 国会議事堂をバックに、哀愁漂う金沢さんの表情からも伝わってくる告発する側の思いと、まだまだ裁判が終わっていない、告発された側・姫井議員の思いとは?

1209_kanazawa.jpg
(写真/江森康之)

 今年6月、「国民の生活が第一」代表・小沢一郎氏の元夫人、和子さんが支援者に宛てた手紙を「週刊文春」(文藝春秋/6月21日号)が掲載し、話題を呼んだ。その手紙は「離縁状」と題され、小沢氏の長年にわたる不倫と隠し子についても触れられていた。しかし、小沢氏の進退に不倫スキャンダルはなんら影響を与えていない。その証拠に、報道から半月後の7月11日には、新党「国民の生活が第一」を旗揚げし、代表に就任したのだ。

 また、7月26日号の「週刊文春」にて、橋下徹大阪市長の過去の不倫も報じられている。同号発売日の前日、市長自ら大旨を認め、こちらもその後これといったおとがめはない。

 一方で、06年に細野豪志議員との不倫騒動によって『NEWS23』(TBS)のキャスターを即座に降板させられた山本モナ(現・中西モナ)や、07年に姫井由美子議員との不倫と飲食店出店に関する金銭トラブルを告発し、その騒動を受けて勤務先の関西学園を解雇された横田育弓生氏など、政治家と不倫関係に陥ってしまった人たちの身辺は穏やかではない。

 不倫報道による誤解を解こうと書かれた政治家側の本、そして、完全否定され、募る気持ちをぶつけた不倫相手側の本。ここでは、それぞれの視点から、こうした愛憎劇の結末をご覧いただきたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論