サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】「宇野常寛の批評のブルーオーシャン」第26回
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第26回

ノマド論争が喚起するもの

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1207_uno.jpg
『ノマドライフ』

「ノマド」という言葉が今、再び注目を浴びている。本来は遊牧民を意味するこの言葉は、かつてバブル経済の頃に(日本的)コミュニティにとらわれない思想・文化運動の担い手=自立した主体のひとつの理想形として、文学・批評シーンでキーワード化したことがある。

 そして20年の時間を経て、再びこの言葉が浮上してきた。インターネット普及以降のフリーランスのジャーナリスト、プランナーなど知的生産者のビジネススタイルを「ノマド」というキーワードで表現し、流行語化することでムーブメントを形成しようとする動きだ。僕が最初にこの文脈で「ノマド」という言葉を聞いたのは、収監前に堀江貴文さんに会った時なので、1年と少し前だと思う(彼は出所したら「ノマド」になると言っていた)。それから短い間にこの言葉は独り歩きし、特に今春以降はもはや「ノマド」の話題を聞かない日はない。キーパーソンになっているのはジャーナリストの佐々木俊尚氏とその弟子筋にあたる安藤美冬氏だ。特に安藤氏の『情熱大陸』(TBS)出演を境に、ソーシャルメディア上でこの「ノマド」をめぐって、氏に憧れる人々と、その批判者たちの盛り上がりが止まらなくなっている(僕も先日「雑誌のコラムで『ノマド』について書くつもり」とツイートしただけで「ノマド礼賛者、死ね!」とリプライが来た)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』