>   > 【精神科医】が雅子妃の病状と皇室の未来を診る

──メディアが雅子妃をどう報じ、雅子妃にどんな影響を及ぼしてきたかについては前ページまでで論じた通りだ。雅子妃を今日のような苦境に追い込んだ責任と批判を、メディアは回避し得ないだろう。

1206_az_koushitu04_.jpg
『雅子さまと「新型うつ」 』(朝日新書)

 一方で国民は、雅子妃の病状を知るために、メディアの発する情報に頼るしかないのもまた事実だ。そこで本章では、“御簾”の向こうからメディアを通して漏れ伝わる雅子妃の動静を精神医学の専門家に分析してもらうことで、一般の目にはなかなか見えてこない、雅子妃の病状や治療などに関する客観的事実をあぶり出してみよう。

 特集【1】でも解説した通り、雅子妃の精神的不調は、2001年に愛子内親王を出産する以前からそのきざしが現れていたといわれ、特に99年の懐妊騒動とその直後の稽留流産の及ぼした影響は大きかったとされる。成婚当初から世継ぎの出産という要求を突きつけられていた雅子妃の精神状態が、側近しか知らない懐妊情報の漏洩による周囲やメディアへの不信の増大と、流産の衝撃とをきっかけに崩れ始めたとしても不思議はない。昭和大学医学部精神医学教室教授の岩波明医師は、次のように分析する。

「精神的不調の主要因は男児出産の重圧でしょうが、自身が皇室で果たそうと考えていた、いわゆる“皇室外交”の担い手という役割と、男児の出産最優先という周囲から求められている役割とがかけ離れていたことも、大きな精神的負担になったと考えられます」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』