>   > 元【日本共産党】有力者が永田町の内実を著した本
第1特集
タブー破りの共産党本

元日本共産党ナンバー4 筆坂秀世が選ぶ 永田町の真実をえぐり出す本

+お気に入りに追加

sb_kyousan_fudesaka.jpg
(写真/田附愛美)

──政権交代前の盤石だった政権与党の腐敗体質から、言行不一致の万年野党の内情までを知る元日本共産党幹部・筆坂秀世氏。そんな彼も驚いたという、日本国憲法の原理原則から、「政治の本質を理解できる」本とは?

──筆坂さんは共産党の議員時代、政策委員長という党のナンバー4の要職に就いていました。

筆坂 共産党は「理論政党」といわれてきたくらいでして、政策を非常に重視しています。政策委員会は、日本共産党の頭脳集団と呼べるでしょう。僕はその委員会の責任者として、選挙ではどういった政策を打ち出すのか、国会論戦にはどういったスタンスで臨むのか、という戦略立案にかかわってきました。

──その頭脳集団のトップであった筆坂さんが、共産党の内実を本に書いたのは異例のことで、共産党も猛反発し、話題になりました。

筆坂 共産党の本当の姿、等身大の姿はあまり知られていません。僕は共産党に約40年間籍を置き、政策委員長や書記局長代行などを務めてきました。その僕なら、共産党のありのままの姿を描けるだろうと思い『日本共産党』【1】を書いたのです。「共産党は、どの政党よりも党内民主主義を大事にしてる」と、不破哲三氏(共産党前議長)を初めとする幹部は強調してきました。共産党は党大会で、膨大な量の大会決議を採択していきます。「トップだけが党の方針を決定しているのではない。支部や地区、都道府県の各段階で議論を積み重ね、最終的に党大会で決定する。ここまで民主主義的なあり方を貫いている政党はほかにない」と共産党は言います。ところが、長文の議案をじっくり読む党員は数少ない(苦笑)。「党内民主主義」の前提が崩れているんです。共産党は「革命政党」を標榜していますが、「もはや革命は遠くなりにけり」です。共産党の実像は、この本を読んでいただければよくわかると思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』