>   >   > 高須逮捕の怪情報が業界内を駆け巡る! 容...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第71回

高須逮捕の怪情報が業界内を駆け巡る! 容疑はアソコにあり!?

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1109_takasu.jpg
6月末、私が毎年審査委員長を務めている「日本・パラオ国際親善大使プリンセス」選考会が行われた。例年にも増して、粒ぞろいで選考は難航するも、いい子を選べた。日本のために南洋・パラオで散った第二次大戦の戦没者たちに、彼女たちの笑顔を届けることも、女衒である私の重要な仕事だ。

 業界内で、私が近々逮捕されるという情報が流れている。聞きつけた新聞記者たちから、次々に確認の電話が入った。サイゾーにも共同通信から問い合わせがあったそうだ。この情報が流れてすぐさま私は、メディアの重鎮が集まる恒例の「モッツハリマオ会」をはじめ、マスコミ各社の社長や編集長、記者らに次々と会い、次のように説明した。

「逮捕の容疑は、さまざま思い当たる。風営法違反、傷害、恐喝、強要、詐欺に近いこともあるだろう。だが、一つひとつ私なりの理由があるので、当局の一方的な情報は信じないでほしい。未成年に対しての淫行条例違反は絶対にない!」

 6月7月だけで、合計600人近いメディア関係者と会った。弁護士団も結成し、打つべき手は打った。

 なぜ私が狙われているか、それははっきりしている。"エロ"である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ