サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > 再就職先と名誉を得ようと必死なシニアボラ...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第70回

再就職先と名誉を得ようと必死なシニアボランティアの代表・山田氏に吠える!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

1108_takasu.jpg
70年安保のジジイが、60年安保のジジイに吠える!  反原発がベースにあるなら、市井の人として行くだけでいいではないか。黙って行くつもりだったが、もう黙っていられない。老いてもなお名誉をほしがる山田は、インチキの極みだ!

 3月、私の大学の先輩にしてブント(共産主義者同盟)叛旗派の指導者だった評論家の三上治氏から連絡が入った。福島第一原発事故についてだった。三上氏は言った。

「高須、俺たちは反戦平和を唱え、自衛隊は違憲であると主張してきた。しかし、この事故に当たり、自衛隊は国民のために懸命に活動している。俺たちが何も行動しないのはおかしいと思わないか」

 私はその通りだとうなずいた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ