サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > ビートたけしが過去の暴力団との交際を告白...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第72回

ビートたけしが過去の暴力団との交際を告白 これぞ傾奇者の究極だ

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1111_takasu.jpg
写真は、09年に会食したときのツーショット。ところで「AERA」(朝日新聞出版)10月3日号に元経産官僚・古賀茂明氏の「日本はやくざ国家ですよ」という記事が載っていた。古賀氏の著書の売り上げは合わせて約80万部。税金で仕入れた情報を売って印税はすべて自分の懐に入れるなんて、あんたこそやくざだ!

 島田紳助の引退騒動後、ビートたけしは「週刊文春」(文藝春秋)や東京スポーツで自ら「暴力団との交際」を語るという方法に打って出た。

 10月1日、暴力団との交際を禁じる暴力団排除条例が東京都でも施行された。当局の芸能界への対処の方法には2つある。ひとつは、タレント個人を引退に追いやる紳助式の方法。もうひとつは、プロダクションごと取り締まる方法である。しかし、芸能界の歴史から見て、直接・間接含め、暴力団と付き合いのないプロダクションは基本的にない。100人芸能関係者がいたら、100人アウト。交通違反と同じ、当局に目を付けられた者が餌食だ。

 考えてみてほしい。普通に生きてきたら、人を商品として切り売りするプロダクション経営をしようとは思わないだろう。常識、道徳、倫理を逸脱し、世間から差別区別された者が集まって構成している世界、それが芸能界である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』