>   > 由緒正しき芸能界の登竜門「セブンティーン...
第1特集
読者モデルが雑誌と芸能ビズを変える?【4】

由緒正しき芸能界の登竜門「セブンティーン」が再びアツい理由とは?

+お気に入りに追加

――読者モデルや"おしゃP"のようなアパレルプレス担当者が、読者からの支持を集めているのは前述の通り。しかしまだまだプロも負けてません! 芸能界の若手女子のステップアップとして今も機能するティーンズ誌の盛り上がりに注目してみた。

1105_sventeen.jpg
現在の筆頭モデルの桐谷美玲表紙号(左)と、伝説的人気を誇った鈴木えみ表紙号(右)。鈴木はその後、ケツメイシの「さくら」PVで一躍知名度を広げた。現在も「MORE」(集英社)等を中心にモデルとして活躍中。

 本文では、読者モデルという、いわば半分素人のような女の子が雑誌を席巻し、ファッション業界の期待を集めている現状とその理由を分析してきた。読モの活動を、サークル感覚でこなす子と、芸能界への登竜門としてとらえている子の2パターンがいるというのは、そちらで述べてきた通りだ。
 
 一方、すでに芸能事務所に所属している若手の女の子が集まる雑誌として注目されているのが「Seventeen」(集英社)だ。10代の女の子に向けてファッションやちょっとしたカルチャーを紹介するこの雑誌、02年にライバル誌であった「プチセブン」(小学館)が休刊して以降さらに部数を伸ばし、今や36万部超と、ティーンズ誌の中では圧倒的な売り上げを誇る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載