サイゾーpremium  > 特集  > 由緒正しき芸能界の登竜門「セブンティーン...
第1特集
読者モデルが雑誌と芸能ビズを変える?【4】

由緒正しき芸能界の登竜門「セブンティーン」が再びアツい理由とは?

+お気に入りに追加

――読者モデルや"おしゃP"のようなアパレルプレス担当者が、読者からの支持を集めているのは前述の通り。しかしまだまだプロも負けてません! 芸能界の若手女子のステップアップとして今も機能するティーンズ誌の盛り上がりに注目してみた。

1105_sventeen.jpg
現在の筆頭モデルの桐谷美玲表紙号(左)と、伝説的人気を誇った鈴木えみ表紙号(右)。鈴木はその後、ケツメイシの「さくら」PVで一躍知名度を広げた。現在も「MORE」(集英社)等を中心にモデルとして活躍中。

 本文では、読者モデルという、いわば半分素人のような女の子が雑誌を席巻し、ファッション業界の期待を集めている現状とその理由を分析してきた。読モの活動を、サークル感覚でこなす子と、芸能界への登竜門としてとらえている子の2パターンがいるというのは、そちらで述べてきた通りだ。
 
 一方、すでに芸能事務所に所属している若手の女の子が集まる雑誌として注目されているのが「Seventeen」(集英社)だ。10代の女の子に向けてファッションやちょっとしたカルチャーを紹介するこの雑誌、02年にライバル誌であった「プチセブン」(小学館)が休刊して以降さらに部数を伸ばし、今や36万部超と、ティーンズ誌の中では圧倒的な売り上げを誇る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』