> 連載  > 西森路代の「男子の生き様」
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【20】

【俳優・篠田光亮】『テニミュ』出身ですが、いかにもなイケメンではありません

―― 芸能界のイケメンに、ルックスと仕事の関係を尋ねる本連載。今回は、活動15年を越えた俳優・篠田光亮さん。『ミュージカル テニスの王子様』初演メンバーは、35歳の今、何を考えているのか?

【俳優・篠田光亮】『テニミュ』出身ですが、いかにもなイケメンではありません
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【19】

【俳優・和田琢磨】キャラクターがある舞台と、原作のない舞台の役作りは別物です

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回はミュージカル『テニスの王子様』出身で、『ダイヤのA』など人気の2・5次元舞台に出演中の俳優・和田琢磨さんです。

【俳優・和田琢磨】キャラクターがある舞台と、原作のない舞台の役作りは別物です
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【18】

【俳優・渋江譲二】自意識が邪魔をして自撮りもできないんです……

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回はドラマ版『美少女戦士セーラームーン』で俳優デビュー、『仮面ライダー響鬼』に出演というイケメンルートを歩きながら、面白画像のみを投稿...

【俳優・渋江譲二】自意識が邪魔をして自撮りもできないんです……
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【17】

【歌手/タレント・カンナム】中途半端なイケメンってことで損してると思います。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回は、韓国でアイドルとして活動した後、バラエティ番組でブレイクし、「韓国一有名な日本人」といわれるカンナムさんです。

【歌手/タレント・カンナム】中途半端なイケメンってことで損してると思います。
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【16】

【俳優・池田純矢】僕はそんなにイケメンじゃないですよ。髪形や服装の雰囲気でごまかしてるだけです。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。16回目の今回は、演ずるのみならず自ら舞台の企画・構成・脚本・演出も手がけている人気俳優・池田純矢さんです。

【俳優・池田純矢】僕はそんなにイケメンじゃないですよ。髪形や服装の雰囲気でごまかしてるだけです。
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【15】

【俳優・柾木玲弥】若手俳優は中二病率がやけに高いんです。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回は、映画『みんな!エスパーだよ!』や『ライチ☆光クラブ』などで好演を見せる俳優・柾木玲弥さんです。

【俳優・柾木玲弥】若手俳優は中二病率がやけに高いんです。
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【14】

【俳優・松田岳】小学生の頃は『クレヨンしんちゃん』みたいだったけど、中学で顔が変わってきて急にモテだしました

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。14回目の今回は、幼少期からこの道に足を踏み入れ、現在は所属事務所を代表する顔になった俳優・松田岳さんです。

【俳優・松田岳】小学生の頃は『クレヨンしんちゃん』みたいだったけど、中学で顔が変わってきて急にモテだしました
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【13】

【俳優・磯貝龍虎】「イケメンと呼ばれるのが嫌」って言ってる奴は嘘ついてますよ!

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。13回目の今回は、事務所に所属せずフリーで活動する俳優・磯貝龍虎さんです。

【俳優・磯貝龍虎】「イケメンと呼ばれるのが嫌」って言ってる奴は嘘ついてますよ!
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【12】

【俳優・村田充】『弱虫ペダル』は今まで培ってきたやり方が通用しなくて、ぐしゃぐしゃになりました

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。12回目の今回は前回に続き、舞台『弱虫ペダル』で一躍人気となった村田充さんです。現在38歳、いわゆる“イケメン”ブームよりも前から活動し...

【俳優・村田充】『弱虫ペダル』は今まで培ってきたやり方が通用しなくて、ぐしゃぐしゃになりました
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【11】

【俳優・村田充】役者を辞めたほうが楽になると思ったときもあったけど…2・5次元舞台が転機になりました

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。11回目の今回は、舞台『弱虫ペダル』で一躍人気を獲得した村田充さんです。現在38歳、いわゆる“イケメン”ブームよりも前から活動してきた村...

【俳優・村田充】役者を辞めたほうが楽になると思ったときもあったけど…2・5次元舞台が転機になりました
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【10】

【俳優・柳喬之】そろそろアラサーですし……"イケメン"以外の引き出しも必要だなと思います

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。10回目の今回は、現在『仮面ライダーゴースト』にレギュラー出演中の柳喬之さんです。

【俳優・柳喬之】そろそろアラサーですし……
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【9】

【俳優・黒羽麻璃央】テニミュの卒業のときに、演出の方に「可愛かったから選びました」って言われました

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。9回目の今回は、人気BLマンガの映画化作品への出演や、話題のミュージカル『刀剣乱舞』への出演で、2015年一躍存在感を高めた黒羽麻璃央さ...

【俳優・黒羽麻璃央】テニミュの卒業のときに、演出の方に「可愛かったから選びました」って言われました
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【8】

【俳優・猪塚健太】僕はなんでも万年2位な感じだったんです。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。8回目の今回は、アミューズ「劇団プレステージ」所属の猪塚健太さんです。

【俳優・猪塚健太】僕はなんでも万年2位な感じだったんです。
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【7】

【俳優・染谷俊之】僕はいつも「この役、落ちたら死ぬ」って思いながらやってます。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。7回目は、『テニミュ』で一躍その名を上げ、最近はドラマ『メサイア ─影青ノ章─』や『薄桜鬼SSL ~sweet school life~...

【俳優・染谷俊之】僕はいつも「この役、落ちたら死ぬ」って思いながらやってます。
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【6】

【俳優・小林豊】"イケメン"はプラスの意味でしょ? 言われてるうちが華だと思うんです。

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。6回目は、名古屋のイケメングループに所属しながら、『ミュージカル テニスの王子様』『仮面ライダー鎧武』出演、そして元パティシエとして情報...

【俳優・小林豊】
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」