> ステキな「古典新訳」の見つけ方の検索結果

ステキな「古典新訳」の見つけ方 の検索結果

ステキな「古典新訳」の見つけ方【6】

世界的な文壇にもやっぱりゴシップが!? エージェントが暗躍する海外最新作の翻訳事情

―― ──海外文学は何も古典だけではない。まだ著作権の残っている新しい作品の翻訳作品を...

世界的な文壇にもやっぱりゴシップが!? エージェントが暗躍する海外最新作の翻訳事情
ステキな「古典新訳」の見つけ方【5】

翻訳論の専門家が答える昨今の"新訳誤訳論争"──「すべての翻訳は、誤訳である」

――  翻訳論の専門家である慶応義塾大環境情報学部教授に「そもそも『翻訳』とはいかなる...

翻訳論の専門家が答える昨今の
ステキな「古典新訳」の見つけ方【4】

サトエリ&なめ子が、あの名作をみずから手がける!! 『ライ麦畑でつかまえて』独自の完成で翻訳対決

―― ──当特集【3】で「翻訳マル秘談義」を行ったこの2人が、村上春樹も訳したサリンジ...

サトエリ&なめ子が、あの名作をみずから手がける!! 『ライ麦畑でつかまえて』独自の完成で翻訳対決
ステキな「古典新訳」の見つけ方【3】

"太宰ラブ"佐藤江梨子×"翻訳経験アリ"辛酸なめ子──スラングも邦訳じゃ、イケてない! ねむたい新訳はどれだ!?

―― ──その美貌からは想像できないほどの読書量を誇る"文学好き女優"佐藤江梨子と、セ...

ステキな「古典新訳」の見つけ方【2】

翻訳本はここまで変わる!! 誰でも知ってる"有名海外文学新訳VS旧訳"徹底読み比べ

―― ──古くさくなくなった? 漢字が減った? 海外文学の古典的名作の中からここ最近新...

翻訳本はここまで変わる!! 誰でも知ってる
ステキな「古典新訳」の見つけ方【1】

論争の火種か文学の進化か──村上春樹も参入! 古典新訳ブームの正しい"味わい方"

―― ──『星の王子さま』『カラマーゾフの兄弟』『ライ麦畑でつかまえて』──2000年...

論争の火種か文学の進化か──村上春樹も参入! 古典新訳ブームの正しい
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』