> コカインの検索結果

コカイン の検索結果

第1特集
女たちがみたヤク中のめくるめく世界

【クスリに溺れた女たちの覆面座談会】中毒、援交、堕胎、自傷…“ドラッグ女子”の悲惨な現実

―― 言うまでもなく、ドラッグに手を染めることは犯罪であるが、社会には薬物依存者が存在し、その中には当然女性もいる。服役経験のある覚せい剤中毒者に、売人の男をセフレにした10代、精神安定剤に依存するメンヘラ...

【クスリに溺れた女たちの覆面座談会】中毒、援交、堕胎、自傷…“ドラッグ女子”の悲惨な現実
第1特集
麻薬文学の歴史と魔力【2】

アメリカ、フランス、日本のドラッギーな表現 麻薬文学の作家たちとパンチライン

―― 麻薬文学の代表的作家として挙げられるのが、これらの人物かもしれない。彼らの作品を読めば、ドラッギーな“名文”に出会える!?

アメリカ、フランス、日本のドラッギーな表現 麻薬文学の作家たちとパンチライン
第1特集
麻薬文学の歴史と魔力【1】

有名作家によるドラッグと文学のマリアージュ! コカイン中毒で原稿が鼻血まみれ! “麻薬文学”の近現代史

―― 麻薬と文学と聞いて、バロウズやギンズバーグのようなビートニクを思い浮かべる読者もいるだろう。だが、それだけでなく、フランス文学や日本文学においても、ドラッグと密接な関係の作家・作品たちを挙げることがで...

有名作家によるドラッグと文学のマリアージュ! コカイン中毒で原稿が鼻血まみれ! “麻薬文学”の近現代史
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【3】

MDMAのリヴァイヴァル・ブーム? ”モーリー”が大流行!米国の最新薬物事情

――  ここまで日本のドラッグの現状について掘り下げてきたが、現在のアメリカでは”モーリー”なる薬物が若者たちの間で蔓延している。それは、従来のドラッグと何が違う? 2013年春にアメリカで公開された『スプ...

MDMAのリヴァイヴァル・ブーム? ”モーリー”が大流行!米国の最新薬物事情
第1特集
未成年とドラッグの危ない関係【1】

マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情

――  2012年は脱法ハーブによる事件や事故が立て続けに起こり、社会問題となった。アクセスが手軽だった脱法ハーブを経験したことがある中学生や高校生は少なくないといわれるが、実際のところ、中高生を含む今の1...

マリファナを吸って通学する高校生も!? ヤバすぎる10年代の10代ドラッグ事情
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』