サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 麻薬文学・代表的作家の【パンチライン】

――麻薬文学の代表的作家として挙げられるのが、これらの人物かもしれない。彼らの作品を読めば、ドラッギーな“名文”に出会える!?

■麻薬の効果を冷静に見つめた象徴派詩人
シャルル・ボードレール

1604_mayaku_05_moji.jpg
1604_mayaku_05.jpg

『悪の華』(1857年)で近代における孤独と苦悩を歌い、フランス近代詩を確立した詩人。60年、英国の批評家ディ・クインシーの『阿片常用者の告白』(1822年)の翻案も含む『人工楽園』を刊行。それは、19世紀の文人らを魅了した酒やハシシュ(大麻樹脂)、アヘンの効果と害毒を陶酔と覚醒の中で冷静に見つめた麻薬白書だ。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載