サイゾーpremium  > インタビュー  > A-THUG特別インタビュー【後編】
インタビュー
A-THUG特別インタビュー【後編】

ジャケットとパーカーの絵は超アート! A-THUGが掲げる「二億は作る」夢の真意

+お気に入りに追加

――日本でハスリング(ドラッグ・ディールを意味する俗語)ラップのムーヴメントを巻き起こした伝説的ヒップホップ・グループSCARSのリーダー、A-THUG。2021年春、新たな夢を求めて地元・川崎からニューヨーク(以下、NY)へ渡ったものの、いつしか厳しい生活を強いられていた――。そんな彼がどん底から再起していくさまを追った動画シリーズが、NYで活動する日本人プロデューサーDJ MUNARIのYouTubチャンネルで今夏から始まり、大きな注目を集めている。そして現在、その動画とも連動した「A-THUGニューアルバム特別セット」がサイゾーの特設ショップ独占で予約販売中だ。デジパック仕様のEP、フーディー、写真集(PHOTO ZINE)という内容で、間もなく予約受付が終了してしまうが、NY時間の11日16日朝、話題のラッパーにインタビュー。前編ではEPの制作に取りかかるまでの経緯を聞いたが、後編ではセットの具体的な内容とA-THUGの大きな夢を語ってもらった。(取材・文/中矢俊一郎[サイゾー])

2211_athug_2-01.jpg
2211_athug_1-02.jpeg

「A-THUGニューアルバム特別セット」の予約販売は11月30日まで!

【前編】A-THUGとDJ MUNARIの邂逅から YouTubeのバズまでの裏側

リアルと、想像の中のリアル

――EPは5曲を予定していると聞いていますが、収録曲の「STREET NY 2」「ドリル」「ひつようさ」が先行シングルとしてリリースされました。それぞれの曲、EP全体のテーマやコンセプトを2人で何か決めて制作しているんですか?

A-THUG(以下、A) いや、いつもぶっつけなんだよ。YouTubeもそうで、「おはよう、TONY。今日、撮影だよ」ってMUNARI君のカメラがいきなりドーンと入ってくる。しかも、顔のスゲェ近くで(笑)。ヨダレが垂れちゃいそうな寝起きでも、バンッてくる。そんな感じで曲も作ってて、ぼんやり決めるときもあるけど……本当にぼんやりだね。でも、MUNARI君と2人でやることで、カチッ、カチッ、カチッってちゃんと形になっていく。俺は70~85%くらいカチッでいいと思うタイプなんだけど、あの人、100%カチッが好きだから、そうやって作り上げられる。

――A-THUGさんとしては、ビートを聴いてフィールしたこと、思い浮かんだ情景などをラップし、そうやってできた一曲一曲が積み上げられていく、という感じですかね。

A そうそう。自分の経験とか、そのときの気分とかを……。気分って誰でも月曜から日曜まで変わるもんでしょ。でも、アーティストとか、クスリやってる人とか、大麻吸ってる人とかって、そこに強弱がつくというか。だから、いろんな日があるよ。テレビとか映画とかだって、強弱がないと面白くないじゃない? まあ、実際の人生では強弱がつくと結構負担になるんだけど、それを乗り越えてみんな強くなるんだよ。

――イイ話ですね!

A いや、やっぱり今の言い方はクスリを肯定することになるかな……。肯定が入るといつまでもやめないから、そこらへんはちょっと注意だな。

――ちなみに、EPのジャケットはもう発表されていて、アートワークをNYを拠点に活動するShuto Okayasu(岡安秀士)さんが手がけています。

2211_athug_2-02.jpeg
Shuto OkayasuのInstagram〈@shutookayasu

A ジャケットを絵にするのってイイじゃない? 絵ってモロ表現の世界だから、つながる感じがして。音楽もアートも何か感じたことを形にするわけでしょ。そこで絵描きの人を探していたら、スケーターとかグラフィティとかの友達とつながってるインスタグラムでShuto君に行き着いて。それで初めて会って、描いてもらう絵の打ち合わせをしたよ。

その後、絵ができたっていうからShuto君のアトリエに行ったんだけど、そこでいろいろ話してたら、村上隆さんの有名な《五百羅漢図》っていう全部違うキャラクターのお坊さんが描かれたすごくデカい絵を手伝った人だとわかったんだよね。で、完成したジャケットの絵を見せてもらうと、自分の住んでるところの近くにいっぱいあるプロジェクトビルディング(低所得者団地)とか、クイーンズのシンボルの煙突とか、そういう風景が描かれていて、細かいところには自分のスローアップ(2色の文字のグラフィティ)が入ってたり、RAWペーパーとかブラントとかヘネシーとかが落っこちてたり。つまり、絵の中にリアルなものがあるんだけど、それが幻想的に表現されていてね。リアルと、想像の中のリアルの2つがあるというか。それと、月がすごく綺麗で、昼と夜の境目が美しい色合いで描かれていた。自分みたいなヤツをそうやって神秘的に表現してもらって、彼はマジで素晴らしいアーティスト! Shuto君、本当にありがとう!

――今回のセットには、その絵をプリントしたフーディーもあります。

A 本当にあの絵は超アートなんだよ。実際の景色を見たら理解すると思うけど、それをみんなも感じてみてください。自分の中では、有名なメトロポリタン美術館に飾られてるものより素晴らしい、世界一の絵なんで。だから、ただのパーカーじゃなくてアート作品として見てほしい。

2211_athug_2-03.png


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年12月/2023年1月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ