サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【72】
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【72】

幽霊、非モテ論壇と眞子さまの時代。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2112_51G7CM0F9XL_200.jpg
直接の因果関係はないが、2008年に講談社文庫へ収録されたことは東浩紀への勝利宣言であり、星海社独立を招いた、とも言える。

今回は「セックス・エロ」特集だが、巷では「VRチャットのお砂糖」「全国フェミ議連と千葉県のVTuber」といった謎のフレーズが飛び交っている。どっちもバーチャルセックス界隈で「表現の自由」戦士たちの事案だが、その本質は00年代の「非モテ」論争と変わらない。当時も今もその界隈の論争にはまったくコミットしていないが、「非モテ」論争の頃は批評家時代の筆者の文章がよく目の敵にされていたから、鬱陶しかった。「非モテ」を自称する男性たちは「零落したマッチョイズム」を守るために狡猾な振る舞いをする、と指摘したからだが、12年ぶりくらいに書いたなこのフレーズ。

そもそも、このフレーズには元ネタがある。エロマンガ雑誌の創刊休刊を追う同人活動で相方だった中山明宏という男だ。エロマンガやエロゲーを追いかけていたはずが、『マリア様がみてる』というラノベで百合好きになり、性的退却を繰り返した挙げ句、「(性的)加害者になるくらいなら、被害者のほうがいい!」などと啖呵を切って、BLゲーの同人誌即売会まで主催するBLマニアになってしまった。しかし、ある事件で保身のために偽証し、同僚だった筆者を窮地へ追い込むと、現在に至るまで消息不明となっている。

この一件で思い知ったのは、己の男性性から逃走し、「非モテ」を自称する者たちは、表現の自由=ポルノグラフィを享受する自由と保身のためなら、卑劣な裏切りも平然と自己肯定するということだった。結局、オタク向けポルノグラフィは零落者の阿片でしかなかったと悟った筆者は、ジャンル批評から距離を置き、批評家の看板も下ろしたのだが、彼らは今回の衆院選でも表現の自由を謳う山田太郎あたりのネット戦略プロパガンダ通りに共産党を攻撃し、自民党のカモ……新しい票田となっている。全国フェミ議連への攻撃もだが、彼らはポルノの自由を守ることにしか興味がなく、それ以外の自由や現実の女性は憎悪しているので、自民党内のカルトな右派とは相性が良いのだ。

彼らが初めて可視化されたのは、00年代中盤に話題となった本田透『電波男』(三才ブックス)から生まれた「非モテ」論壇で、東浩紀や筆者を仮想敵としていたので、非常に迷惑だった。しかし、本田氏が某出版社のバイト時代に在日朝鮮人の編集者Rからひどく虐められていたことを知り、それじゃ仕方ないな、と同情した。Rは典型的なエロ本界隈の不良編集者で、西原理恵子すら口説こうとする性欲過剰な90年代サブカルの忌み子だったからだ。やがて、某オタクベンチャー企業へ転職したRはコスプレダンパでコマした女に著名人を接待させる女衒を生業とした。言うなればオタク版「仁風林」だが、中山とは対極の異常者だった。筆者が中山の失踪から論を立てたように、本田氏がRへの憎悪から論陣を張ったのは人間として正しいことだった。とはいえ、筆者とRは近所のゲーセンの常連で会社の同僚だった時期もあるため、Rの同類と思われ、本田氏が執筆していた版元では書くことができなかった。その本田氏も表舞台から去って久しいが、ポルノグラフィを供給する側に回って大成したと聞く。批評よりはよっぽど善い生き方だ。

そういえば、ワイドショーは眞子さまと小室圭の結婚に狂騒していたが、かつて眞子さまは軍オタ属性の「非モテ」たちからペドフィリアな美少女アイドル扱いをされており、眞子さまっぽい皇女が帝国海軍を率いる仮想戦記小説が書かれたりもしていた。まあ、『近代麻雀』ではいまだにそんなノリのマンガ連載が続いているので、そろそろ休刊を危惧しているが、生来の不可侵性がバーチャルセックス的にちょうどよかったというか、美少女に隷属したい「零落したマッチョイズム」の欲情と咬合していた。そう考えると、眞子さまが黒田慶樹氏のように真面目な「非モテ」風の誰かではなく、NTR系AVのチャライケメン風な小室圭を結婚相手に選んだのも、幼少期に受けた欲情への反抗だったのかもしれない。もっとも、かつて欲情を向けていた者たちは、すっかり忘れてVTuberやVRチャットにハマっているし、眞子さまと宮内庁の「誹謗中傷」声明に発狂しているのは、小姑イズム全開の「皇室ウォッチャー」ばかりだ。というか、気持ちよく抜ければアバターの中身が同年代のおっさんであろうが別に構わないほど、ポルノグラフィへの姿勢だけは自由で快楽主義的になっていて、「非モテ」の鬱屈や憎悪はポルノの自由を守るための排外主義でしか発動しなくなっているのだが。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。批評家時代の文章は紙の本や雑誌がすべてで、web上には残していない。見かけたらそれは無断転載だ。御筆先っぽいのが嫌だ、というのもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ