サイゾーpremium  > 特集  > 政治・経済  > 菅首相に引導を渡した“守り神”
2110_getty_kan.jpeg
(写真/getty images)

自民党総裁選に意欲を見せていた菅義偉首相が9月3日午前11時半すぎ、党本部の臨時役員会でいきなり辞意を表明した。この日の朝、朝刊各紙が「菅首相、二階氏に出馬伝達」(朝日新聞1面トップ)などと大きく報道したその矢先の出来事だけに、国内メディアばかりか、ロイター通信をはじめ海外メディアまでが速報で伝え、蜂の巣をつついたような騒ぎとなった。民放の政治部記者の話。

「そりゃ、驚きましたよ。だって菅さんは、最後の最後まで首相続投にこだわっていましたから。ライバルの岸田文雄さんが8月26日に出馬会見した後だって、菅さんは『総裁選前に衆院解散・総選挙に打って出たい』と二階俊博幹事長にこっそり漏らしたと聞いています。菅さんの心はずっと折れていなかった。毎日新聞が8月31日夜、ニュースサイトで『首相、9月中旬解散意向』と流したのを皮切りに、菅さん続投の意向は既定路線になっていったんです」

こうした菅氏の“続投モード”は周囲も共有していたという。大手紙の政治部デスクが打ち明ける。

「辞意を漏らした臨時役員会の直前、菅さんは二階幹事長と会って『総裁選で戦う気力を失いました』と漏らし、二階さんをひどく驚かせていたよ。同じく面会した麻生(太郎副総理兼財務相)さんには『精神的にしんどいです』と弱音を吐いてみせ、麻生さんがビックリして天を仰いだと聞いている。党の重鎮にもこの期に及んで初めて辞意を漏らしたんだから、菅さんは急に心変わりをしたとしか思えない」

メディア各社の政治記者たちが口をそろえて指摘する菅氏の心変わり。だが、果たして国の最高権力者が一夜にしてその権力を手放すようなマネをするものだろうか。

首相辞任の真相に迫るべく、本サイトはさる自民党関係者から、このほど重大な証言を得ることに成功した。その証言によれば、菅氏は辞意表明の10日前、自民党に隠然たる影響力を持つ人物に事実上の辞職を迫られていたというのだ。同党関係者が証言する。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年12月号

純度100%の片寄涼太グラビア

純度100%の片寄涼太グラビア

NEWS SOURCE