サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第86回
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第86回

IT企業のビジネスマンが50歳でワイン造りに飛び込んだワケ「ロジカルに考えてベストチョイス」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

――男は年をとると蕎麦打ちにはまるといわれるが、50歳を過ぎて蕎麦打ちどころか自らワイナリーを設立しワイン造りに挑んだ元IT企業ビジネスマンの山平さん。仕事の傍らでカーネギーメロン大学へ留学してトップのコンピュータサイエンスを学び、早稲田大学大学院でMBAを取得するなど、IT業界でバリバリ働いていた山平さんは、どうしてそれらの経歴を投げ打ってまで北海道に移住しワイン造りの道を選んだのか。

[今月のゲスト]
山平哲也(ヤマヒラ テツヤ)
大学卒業後、1993年に日本ユニシスに入社。1997年に子会社のユニアデックスに転籍し、新規事業開発に従事。2009年に早稲田大学大学院商学研究科でMBAを取得。2020年に同社を退職し、北海道上川郡東川町へ移住しワイナリー「雪川醸造」を設立。今秋に最初のワイン造りに取りかかる。

2109_P080-083_graph001_520.jpg
20歳代のU・Iターンや地方での転職希望
(出典)内閣府「経済財政諮問会議」(令和2年5月29日)資料より国土政策局作成

クロサカ 今月は、昨年末に北海道の東川町で「雪川醸造」というワイナリーを立ち上げられた、山平哲也さんです。山平さんとは10年以上前から知り合いで、もともと大手IT企業で新規事業開発を担当されてきました。それが2020年に突然、方向転換され、驚きつつもその選択をうらやましく思っていました。今回は、あらためてその経緯を詳しく聞かせてください。そもそも、なぜITを最初の仕事に選んだんですか。

山平 高校生くらいまでは、父親が建築関係だったこともあって、建築家になりたかったんですよ。ところが大学受験で、どこの大学に行くかを決めるときにふと「建築家になっても楽しくなさそうだな」と思ったんです。ときがちょうどバブル景気がピークの頃で、成金ブームの趣味の悪さを見てしまって、金は儲かっても楽しくなさそうだなと。そこで、モラトリアムのために全然違う専攻の文学部に入りました。今ほど大学で学ぶことが仕事に生かせる時代じゃなかったのと、もともと本は結構読んでいたので、決断を少し先送りしたんです。

クロサカ その年齢でその決断をできるのは、なかなかですよね。

山平 で、今度は就職するときに、金融とか商社とか向いてなさそうな業界を省いて、消去法で選んだのがコンピュータエンジニア。ちょうど、ダウンサイジングがはやった時期で、「これからコンピュータエンジニアが足りなくなる」っていわれだした時代だったんですね。

クロサカ ありました! 今は「AI人材が足りない」なんて言っていますが、30年前から変わってないですね。

山平 1990年代前半のまだインターネットがはやる前で、エンジニアが足りないから「文系でもなれますよ」って言っていた。それを見て「何かをつくることにかかわれる」と思ったのと、プログラミングは言語でやるらしいけど、言語なら文学部で扱ってきたから向いているかも、と思ったんです。

クロサカ 言語のこととか自分でそれに気がつかれたのは、すごいですね。

山平 ただの屁理屈ですけど(笑)。でも、エンジニアとしてちゃんと生計を立てていこうと考えていたので、その後に会社負担でカーネギーメロン大学に留学して、コンピュータサイエンスを学びました。

クロサカ この分野ではトップ中のトップですよね。

山平 授業を受けている学生の側がRFC【1】を書いているようなところですからね。そんな環境だったので、トップエンジニアの実力というのがわかって、この道でトップになるのは大変だとわかりました。それから帰国すると、僕のいた部署がスピンアウトして、新しい分野でビジネスを拡大するための子会社になっていました。もといた日本ユニシス【2】という会社はかなり大きくてルールもきちんと決まっているので、そのなかで新しいことをやるのは大変なんですよね。一方、新会社は200人くらいでスタートして、ゼロからイチにするというよりは、0.5くらいのものを5とか10とかまで大きくしよう、という雰囲気が強いところでした。

クロサカ ちょうどITが業界規模としても、社会のなかでも大きくなっていくタイミングですよね。

山平 はい。実は、カーネギーメロン大学への留学の後に、もう1回、アメリカに行って、今度はシリコンバレーでベンチャービジネスについて調査して、どんなふうに新しいビジネスが立ち上がってくるのか、というのをつぶさに見てきました。その経験をもとに、日本に戻ってから、エンジニアから方向転換して事業企画やマーケティングをやり始めたんです。社会のいろんなところに出入りも始めて、ちょうどその頃にクロサカさんとも出会った。

クロサカ 前職を辞めて独立した2006年頃ですね。

山平 懐かしいですね。まあそうやって企画をつくって、新しいことを立ち上げて、事業領域を広げてということをずっとやってました。合間をぬって、早稲田でMBAを取ったりしましたし。そうこうするうちに、会社も大きくなって、役職も上がっていって。それは良いことなんですが、一方で実際に自分の手で何かをやっている感覚が減っていくわけです。

クロサカ 一度、山平さんの会社に講演に呼んでいただきましたが、そのときは副本部長だと聞いて「気軽に話し掛けていいのかな」なんて思っちゃいました。

山平 そういうこともありましたね(笑)。そのころから、そのままずっとそこで働き続けるかというのを考え始めたんです。もともと、ひとつの会社で働き続けないといけないとは思っていなかったし。あと、自分がいつまで働くのかを真剣に考えたら、70歳までは働かないといけないんだろうなと思ったんです。50歳直前だったので、あと20年。さて何をするのか。IT業界は、自分ができそうなことは、あらかた手がけた感じがしたんですよ。それに次は「0.5から5にする」のではなくて「0から1」にすることをやりたくなった。おまけにB2Bではなくて、B2Cなエリアがいいなと。それでITじゃない領域はと考えると、食にかかわることをやりたくなったんですよね。過去にはまったく経験はないんですけど。

クロサカ 北海道というのは、どこから来たんですか?

山平 東京にこのまま住み続けるのか、というのがずっとありました。僕、暑いのがだめなんですよ。だから、東京にいた頃は、6月から9月くらいまで仕事の効率が2~3割は落ちていました。あと、花粉症だから2~4月くらいもだめ。つまり、東京にいると、1年間の半分はフルパフォーマンスじゃないんです。

クロサカ 東京の環境ってしんどいですよね。僕も、なんでここに住んでいるんだろうって思います。

山平 過去に住んだところだとシリコンバレーは、イノベーティブな雰囲気よりもなにより、気候が最高でした。近くに、ナパバレーというワインの名産地があるのもよかったですし、食材が美味しい土地でした。この北カリフォルニアで生活した経験からは、かなり影響を受けていると思います。

クロサカ 実は、弊社の社員もひとり、今年東京から北海道に移住したんですよ。普段はリモートで仕事をして、対面の必要があるときは上京をする。僕はまだ子どもが小中学校なので、そのことも考えるといきなりは難しいけれど、選択肢としてはあり得るなとは考えるようになりました。

山平 そうですよね。まとめると、ITじゃないところで、B2Cでゼロからイチを経験できる、東京以外でできることは何かいろいろと思考実験して、「北海道でワインを造ろう」と思いついたんです。実際に踏み切れたのは、大学時代の知り合いが先に、東川町に移住していて町の様子を知れたことや、過去の旅先で見学したワイナリーでお酒の中でもワインがもっとも製造がシンプルだと知っていたこと。あとワインは、100円から100万円のものまで、価格設定が幅広く、市場の成り立ちが興味深いというのもありました。

クロサカ そういえば、ワイナリーの話を最初に聞いたのは、ハワイで偶然に会ったときでしたよね。そのときは単純に「おもしろそう」と思ったので、「いーなー」としか言えませんでしたが(笑)。

山平 でも、そのときのクロサカさんの反応も含めて、相談した人の多くが「よくそこに気づいたね。おもしろそう」とか「やっぱり北海道だよな」って反応だった。それに勇気をもらったんですよ。「こんなおもしろそうなことに気がついた俺、スゲー!」って(笑)。

クロサカ だって、会社辞めて、北海道に移住して、ワイナリー始めます、って話を聞いただけでまず圧倒されます。冷静に考えてみても、事業として可能性があることですし。

山平 でも、そんなふうに“事業企画脳”で見てくれる人は少ないんですよ。ワイン好きの人に「ワイナリー立ち上げる」というと、もっとナラティブで情熱の話を求められる。「いつからの夢なんですか」とか「どのくらい温めていたことなんですか」とか、熱意と情熱と夢の実現みたいなのを期待される。そういう人には、「北海道でワインを造るというのが、いろんなことをロジカルに考えた結論だったんです」とは、話しにくい。

クロサカ ワインには、そういうのがまとわりついてきてしまうのは確かですよね。

山平 そうなんです。だから、ワイン好きの前では、情熱があるかのように話していました。で、実際に始めてみてわかったけど、ぶどう栽培やワイン造りは超おもしろい。情熱が籠もってナラティブになってしまうというのもすごくわかる。農業というのは収益モデルがある程度描けるなら、おもしろくなると感じています。

クロサカ 山平さんが先日、「50歳をすぎてぶどう栽培という名の農業とか始めた」とフェイスブックに投稿しているのを見て、今とてもおもしろいんだろうな、というのがにじみ出ていました。

山平 おもしろいし、困難の連続ですよ(笑)。

クロサカ 確かに、広い畑をおこしたり、せっかく植えた苗木が枯れたりしてしまうのは、本当に大変そうです。しかも、以前の仕事でも困難なことはあったと思いますが、ITと農業とではまったく別ものじゃないですか。そこを踏み越える勇気は、どこから来ているんですか。

山平 やっぱり、外に出て旅をして、いろんなものを見てきたからかもしれないですね。

クロサカ そういえば、山平さんは旅人でもありましたよね。結局、何カ国くらいに行かれたんですか。

山平 国の数でいうと60カ国です。リピートしたところもありますが、定期的に新しい土地に行って新しい街に触れるようにしていました。その経験から言えるのは、まったく新しいことを始めるときに自信を持って踏み切れるかどうかは、いろんなところで、いろんな人とか環境みたいなものを、どれだけ幅広に見てきたのか、というのに左右されるんじゃないかなと。

クロサカ 僕も旅が好きで、海外出張も喜んで行ってしまうような人間です。でも、周りを見ると「2泊3日のリトリート」みたいなのは好きでも、LCC乗り継いでヨーロッパまで片道切符同然で行く、ということをやる人は少ないんですよ。やってみると大変だけど、実はそんなに危ないわけじゃないし、自分のマインドセット次第ですぐに実現できることです。それなのに、旅にじゃんじゃん行く人が少ないというのは、多くの人は心が解けないってことなんだと思います。

山平 旅行の目的は世界遺産を訪れるでも、美味しいものを食べるでも、何でもいいんですけど、後から振り返って一番おもしろいのは、想定外のことが起きたときですよ。僕も、帰国前日にパスポートをすられるとか、国際線に乗り遅れるとかありました。でも、旅行の醍醐味というのはそういうところです。いま多くの人が感じている閉塞感は、結局は自分が理解できる範囲でルーティンのなかにとどまっているからじゃないかと思います。それって、片道切符で旅に出ちゃうだけで、簡単に振り払えることだと思うんですけどね。

2109_2012060800323_1c_520.jpg
建築家の隈研吾とコラボしたり、有名アウトドアブランドを誘致するなど、近年、移住者が増えカルチャー誌などでも注目されている北海道東川町。

【─対談を終えて─】

「捨てるのって、怖くないですか」

対談の中で、山平さんが「学んで、身につけ、それを捨て、というスタイルだった」という話をされていた時に、私が思いがけず口にした言葉です。

文中にもあるように、山平さんはそれまで積み重ねてきたことを、あっさり捨てて新しいことにチャレンジする、そんな潔さをお持ちです。そしてそれは、人生100年時代に生涯学び続けなければならない我々にとってとても重要な姿勢であり、昨今では「アンラーニング」という言葉も耳にします。

一方、積み重ねてきたことを捨てるのは、勇気がいることです。そこには、単に獲得した知識があるだけでなく、それによって仕事をし、信頼を得てきたという実績も含まれています。そうしたことをすべてなかったことにするとしたら、これはなかなかのことです。

それに対して山平さんは「いや、本当に捨てるわけじゃないんですよ」と、重要なヒントをあっさり答えてくれました。

自分の中にあるものを「捨てる」というのは、いわば隠喩であって、本当に捨てているわけではないし、そもそも捨てることなんて出来ない。そうではなく、「そのことを考えたり、それを使って何かをするのをしばらく中断する」ということだ。だからこれまでの経験はどこかで役に立つかもしれないし、そう思ったらその時にそれを使えばいい。

言われてみれば当たり前のことでもあります。というより、私達はむしろ無自覚に、毎日そんなことをしているはず。何しろ人間には身体と時間の限界があり、できることは限られるわけですから、何かをしている(することを選ぶ)ということは、何かをしていない(しないことを選ぶ)のと同じでもあるわけです。

厄介なのは、それがしばしば「無自覚」である、ということなのだと思います。だからこそ、状況に流されたり、継続を重んじたり、つまり「惰性」が働いて自分の人生が決められてしまうように感じる、ということです。
 
当然ですが、自分の人生は自分のものです。そして無自覚であっても、私達は多くのことを自分で選んで(または選ばないという判断を下して)毎日を過ごしている。だとすると、惰性というのは多くの場合、言い訳に過ぎない。そしてそういう意識から解放されると、自分がやりたいこと、自分にできることが、目の前に山ほど広がっている。

そんなことを楽しそうに実践している山平さん率いる雪川醸造のワインを、早く飲みたくなりました。

【1】RFC
"Request for Comments"の略で、インターネットの基盤的な技術標準に関する文書のこと。研究者や技術者による任意団体「Internet Engineering Task Force(IETF)」での議論の結果がRFCとして取りまとめられる。

【2】日本ユニシス
1950年代に開発された最古の業務用コンピュータ「UNI VAC」にルーツを持つ日本のITベンダー。2006年に社名の由来だった米Unisys社との資本関係を解消しており、2022年4月に社名を「BIPROGY」に変更する予定

クロサカタツヤ
1975年生まれ。株式会社 企(くわだて)代表取締役。三菱総合研究所にて情報通信事業のコンサルティングや政策立案のプロジェクトに従事。07年に独立、情報通信分野のコンサルティングを多く手掛ける。また16年より慶應義塾大学大学院特任准教授(ICT政策)を兼任。政府委員等を多数歴任。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ