サイゾーpremium  > 特集2  > 【天野紗也加】配信女王が魅せる!
第2特集
[プラチナムプロダクション Presents]

【天野紗也加】グラビアコンテスト~WINTER SEASON~

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

2106_03231091-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

――ミクチャ配信でファンのハートをガッチリつかんだ、赤裸々失敗談とは?

『グラビアコンテスト~WINTER SEASON』にて、見事1位に輝いた紗也加ちゃん。今回は副賞である本誌のソログラビアの撮影に臨んでくれました! 早速ですが、今回の受賞の勝因を聞かせてください。

2106_03231491-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「今回のコンテストの前から配信オーディションに参加してたので、その時から応援してくれていたファンの方たちが今回もプッシュしてくれました」

 根強いファンあってこその受賞だったんですね。配信する上で何か気をつけていることは?

2106_03231202-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「慣れると、ワンパターンになりがちなんですけど、なるべく違うエピソードを話して飽きさせないようにしてます」

 なるほど、普段から“スベらない話”を収集していると。最近起きたエピソード聞かせてもらえますか?

2106_03231441-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「ある再現ドラマに出させていただいたときに、お風呂場の撮影とは聞かされていたんですけど、実際にお湯に浸かるシーンまであると思っていなくて咄嗟に、当日着ていた下着で入ってしまって、おうちまでノーパンノーブラで帰っちゃったんです。しかも、その日たまたま部屋の中に鍵を忘れてたので、オートロックで入れなくて、結局全然知らない人のインターホンを押して、謝りながら開けてもらいました(笑)」

 なかなか濃いエピソードですね。

2106_03231457-Edit-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 ところで、特技が韓国語で、日常会話レベルであればペラペラなんだとか。

「もともとお母さんが東方神起が好きで、それに影響されてっていうのがきっかけですね」

 親子2代でK-POPファンなんですね! おすすめのアーティストは?

2106_03230647_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「昔は男の子のグループが好きだったんですけど、最近は女の子のグループしか見てないです。TWICEとかBLACK-PINKとか。今はかわいい女の子がめっちゃ好きなんですよ。自分じゃ全然手の届かない存在なのが、韓国らしくて素敵だなと思います」

 アパレルブランドで今も働いたり“化粧品検定”を持っているとか?

2106_03231639-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「昔からメイクアップが好きで買い集めていたんですけど、最近はそろそろスキンケアも……と思って、基礎化粧品を買って美意識高めに頑張っています。まわりの友だちから『どんな商品がいいの?』と聞かれることもあるんですが、『結局は皮膚科にいって、肌に合うものを処方してもらうほうが、保険も利くし、早いよ』って答えちゃいます(笑)」

 さて、ソログラビアも無事撮影し、今後の目標は。

2106_03230982_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「最近、『PECHE』という雑誌のアンバサダーになったんですけど、不定期での登場なので、レギュラーになれるように頑張りたいですね。あとは、渋谷クロスFMというラジオ局で、アイドルとか女優さんとかをゲストに迎えてお話を聞いているので、そこでも何か爪痕が残せるように頑張っていきたいです! そのためにもまたエピソードをためなきゃですね!」

2106_03231022-Edit_520.jpg
(写真/永峰拓也)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(写真/永峰拓也)
(スタイリング/森川雅代・factory 1991)
(ヘア・メイク/MASAKI SUGAYA)
(文/竹下ジャパン)

天野紗也加(あまの・さやか)
1998年、大阪府出身。モデル。「PECHE」の公式アンバサダーモデルを務める。K-POP好きが高じて、韓国の大学にも留学。日常会話レベルの韓国語が話せるほど。
Twitter〈@sayaka_amn
Instagram〈sayaka_amn

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ