サイゾーpremium  > 連載  > NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE TECH」【21】/【ゲームストック騒動】の炎上
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE TECH」【21】

スマホ投資家が、ウォール街に噛みついた「ゲームストック騒動」の炎上が止まらない

+お気に入りに追加

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界でさまざまなテクノロジーが生み出され、デジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの楽園か、それともディストピアなのか――。

ロビンフッド

スタンフォード大学出身の2人組が、2013年に立ち上げたスマホ投資アプリ。まるでゲーム感覚で、ワンタッチで好きな株を売買できるため、若い世代に圧倒的な人気を誇る。一方で、借金や巨額の損失など、大きなリスクを負わせていると批判も大きい。

2103_GITT2103_200.jpg
Photo/GettyImages

 小さなアリの群れが集まって、はるかに大きな巨象を打ち倒した、その先に待っていたものは――。

 年明けからの米国の経済ニュースは、いわゆる「ゲームストック(通称GME)」をめぐる大騒動で持ち切りだ。主要なメディアも連日、このゲームストップをめぐるドラマを報じ続けている。

 GMEと言われても、なんのことかわからない読者がほとんどだろう。

 実はこれは、米国最大級のゲームソフトの小売店チェーン「ゲームストップ」という会社のことだ。このGMEは、ニューヨーク証券取引所に上場しており、このゲームストップの株式銘柄のコードのことだ。

 ゲームストップのルーツは、1984年に米国のダラス(テキサス州)で生まれた、小さなゲーム屋さん。当時は「アタリ2600」であったり、任天堂の「ファミリーコンピュータ(NES)」といった家庭用ゲームソフトを、店頭で売っていたのだ。

 おそらく読者の中にも、自分が子どもの頃に通ったゲームショップに、ノスタルジックな思いを持っている人は多いのではないか。

 かつて、お小遣いを握りしめて「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などを買った、懐かしのゲームショップの米国版だと思えばいい。

 2000年代後半から、その黄金期を迎えることになり、買収攻勢によって店舗を米国国外にも拡大。カナダ、ヨーロッパ、ニュージーランドなどに、現在も約5000ものゲームショップを展開している。

 ところが昨今、ゲームはオンライン上で購入することが当たり前になった。さらに新型コロナの影響により、リアル店舗を抱えているゲームストップは苦戦を強いられている。

 このゲームストップの株価をめぐって、ウォール街のヘッジファンドと、名もなき個人投資家によって、誰も見たことのないバトルが繰り広げられているのだ。

イーロン・マスクが株価急騰を「後押し」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE