サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【7】/【ドウェイン・ジョンソン】人類最強、聖林に君臨!
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【7】

【バンギン・ホモ・サピエンス】ドウェイン・ジョンソン――人類最強、聖林に君臨!

+お気に入りに追加

――人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)

2011_P082-083_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

北カリフォルニアのヘイワード生まれだが、母の一族とニュージーランド生活も経験。アメリカ内でもハワイ、テネシー、ペンシルベニアと転校続き。実は10代で逮捕経験多数、なんと手形詐欺まで! 大学時代を過ごしたマイアミを地元と呼ぶ。

2011_P082-083_world2_520.jpg
(絵/濱口健)

 今年9月2日、衝撃が地球を襲った。

 あのザ・ロックことドウェイン・ダグラス・ジョンソン(48歳)が、妻と2人の娘を含む家族全員で新型コロナウイルスに感染したことを公表したのだ! 「人類最強と謳われるロック様が!?」「ドウェイン・ジョンソンすらコロナには勝てないのか……」という諦観にも似た嘆息が世界各地で聞かれたという。

 とはいえ、そんな騒ぎから3週間後には、停電で機能停止した自宅ゲートを自ら破壊し、撮影現場に出勤したとのニュースが! やはり今でも最強なのだ。

 ドウェイン・ジョンソンの英語版ウィキペディアには〈Johnson is half-Black (African-American)〉とあるが、あまり正確ではない。彼の父はカナダ黒人だから。だが、まずは母方の系譜を辿ってみよう。

 日本を舞台にした迷作映画『007は二度死ぬ』を思い出してくれ。ショーン・コネリー演じるジェームズ・ボンドを味方と勘違いし、日本語で「大丈夫か」と声をかける敵組織のボディガードがいたはずだ。

 彼こそは“ハイ・チーフ”ことピーター・メイヴィア。NWA(もちろんナショナル・レスリング・アライアンスのほう)ハワイ地区の興行主としても活躍した、アメリカ領サモア生まれのサモア系アメリカ人プロレスラーだ。その妻“リア”ことオフィーリアもサモア系アメリカ人レスラーで、その間に生まれたのが娘アタ。このアタが恋した相手が父ピーターのタッグ・パートナー、ロッキー・ジョンソンというレスラーだ。レスラーの家族がどれだけ大変な思いをするかをよく知っていたピーターは当初、2人の交際を認めなかったらしいが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報