サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【8】/【ヴァン・ヘイレン】パタリロも気になるVH
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【8】

【バンギン・ホモ・サピエンス】ヴァン・ヘイレン――パタリロも気になるVH

+お気に入りに追加

――人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

ヴァン・ヘイレン(Van Halen)

2012_P082-083_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

74~85年はクラシックな布陣でオリジナル・アルバム6枚。85~96年はサミー・ヘイガー期、4枚。96~99年はゲイリー・シェローン、1枚。03年はヘイガー、07年にデイヴが復帰、ウルフギャングが正式加入してアルバム1枚。イラストはエディ。

2012_P082-083_world2_520.jpg
(絵/濱口健)

 KISSのジーン・シモンズとヴァン・ヘイレンのベーシストが同一人物だという噂は本当だろうか? 『パタリロ!』第1話でパタリロ・ド・マリネール8世殿下が発する奇妙な独り言。それは78年、KISSメンバーがまだ素顔を明かしていない時代とはいえ、とてつもない珍説に見える。だが、2つのバンドの縁を知れば考えは変わるかもしれない。

 その少し前の76年、ジーン・シモンズの後援&プロデュースのもと、ヴァン・ヘイレンは本格的なデモテープを作成した。仕上がった音源を手に、シモンズは身内であるKISSの事務所に売り込むが、返事は「このバンドには見込みがない」。後年、周囲の無理解を自分の非のように謝罪するシモンズだった……。

 だが、捨てる神あれば拾う神あり。77年、ヴァン・ヘイレンが初めて(見栄を張って)自前のローディ付きで敢行したギグを見たのが、ワーナー・ブラザース・レコード社長のモー・オースティン。彼のオファーでヴァン・ヘイレンは20年に渡るワーナーとの関係を始める。とはいえ、彼らの歴史をもっとさかのぼらねば。

 ディオ、リンチ、ドッケン、ウィンガー、ボン・ジョヴィ。なぜかハードロック/ヘヴィメタル界に多いのが、リーダーの姓を名乗るバンドたちだ。肝心なのは、それらの姓が出自を表していることである。

 ヴァン・ヘイレン兄弟の場合はオランダ系だ。それどころか実は生まれもオランダで、10代初めまで同国在住だった。その後、カリフォルニア州パサデナに移り住むものの、ずっと二重国籍。また重要なのは、父こそオランダ系オランダ人だが、母がインドネシア人ということ。思い返してみれば、インドネシアは小国オランダが誇る超弩級植民地だった。「野村義男は日本版エディ・ヴァン・ヘイレン」と言われるが、顔が多少なりとも似て見えるのは彼ら兄弟もアジア系だから。「白人音楽」と見なされがちなHR/HM界の意外な多様性を体現するヴァン・ヘイレン、でもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』