サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【8】/【ヴァン・ヘイレン】パタリロも気になるVH
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【8】

【バンギン・ホモ・サピエンス】ヴァン・ヘイレン――パタリロも気になるVH

+お気に入りに追加

――人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

ヴァン・ヘイレン(Van Halen)

2012_P082-083_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

74~85年はクラシックな布陣でオリジナル・アルバム6枚。85~96年はサミー・ヘイガー期、4枚。96~99年はゲイリー・シェローン、1枚。03年はヘイガー、07年にデイヴが復帰、ウルフギャングが正式加入してアルバム1枚。イラストはエディ。

2012_P082-083_world2_520.jpg
(絵/濱口健)

 KISSのジーン・シモンズとヴァン・ヘイレンのベーシストが同一人物だという噂は本当だろうか? 『パタリロ!』第1話でパタリロ・ド・マリネール8世殿下が発する奇妙な独り言。それは78年、KISSメンバーがまだ素顔を明かしていない時代とはいえ、とてつもない珍説に見える。だが、2つのバンドの縁を知れば考えは変わるかもしれない。

 その少し前の76年、ジーン・シモンズの後援&プロデュースのもと、ヴァン・ヘイレンは本格的なデモテープを作成した。仕上がった音源を手に、シモンズは身内であるKISSの事務所に売り込むが、返事は「このバンドには見込みがない」。後年、周囲の無理解を自分の非のように謝罪するシモンズだった……。

 だが、捨てる神あれば拾う神あり。77年、ヴァン・ヘイレンが初めて(見栄を張って)自前のローディ付きで敢行したギグを見たのが、ワーナー・ブラザース・レコード社長のモー・オースティン。彼のオファーでヴァン・ヘイレンは20年に渡るワーナーとの関係を始める。とはいえ、彼らの歴史をもっとさかのぼらねば。

 ディオ、リンチ、ドッケン、ウィンガー、ボン・ジョヴィ。なぜかハードロック/ヘヴィメタル界に多いのが、リーダーの姓を名乗るバンドたちだ。肝心なのは、それらの姓が出自を表していることである。

 ヴァン・ヘイレン兄弟の場合はオランダ系だ。それどころか実は生まれもオランダで、10代初めまで同国在住だった。その後、カリフォルニア州パサデナに移り住むものの、ずっと二重国籍。また重要なのは、父こそオランダ系オランダ人だが、母がインドネシア人ということ。思い返してみれば、インドネシアは小国オランダが誇る超弩級植民地だった。「野村義男は日本版エディ・ヴァン・ヘイレン」と言われるが、顔が多少なりとも似て見えるのは彼ら兄弟もアジア系だから。「白人音楽」と見なされがちなHR/HM界の意外な多様性を体現するヴァン・ヘイレン、でもある。

 もともと兄アレックスがギター、弟エディがドラムス担当。しかし弟がアルバイトに励んでいる間、兄が勝手にドラムを叩いていたら上達してしまい、楽器を交代することになったという。兄弟揃ってパサデナ・シティカレッジに入学しバンド活動に励む中、アンプ機材を同じ学内のデイヴ・リー・ロスという男に借りていたが、レンタル費をカットすべく、そのデイヴをシンガーとして起用することに決める……以前のオーディションでは不合格だったが。彼はインディアナ州で生まれ育った東欧系ユダヤ人で医師の息子、身体能力が物凄く格闘技の心得がある救急救命士。バックグラウンドがだいぶ違うが、「サンタナみたいな重みがある」という理由で「ヴァン・ヘイレン」名義を提案したのは、そのデイヴだ。先に触れたワーナー社長のフックアップで78年にデビューした彼らはデビュー作から人気を博し、その後、82年まで毎年1枚アルバムを出すという快調なペースで活動。すべてプラチナ認定されている。

 そして1年あけた84年には、決定的な第6作『1984』をリリース。このアルバムから「Jump」「Panama」「Hot for Teacher」などがヒットするが、翌85年にはデイヴが脱退。原因は労働倫理の差とも、方向性の違いともいわれる。デイヴは明るいパーティ路線でギター主体のロックンロール、エディは深みがある歌詞だがシンセサイザー主体のラジオ・フレンドリーな曲を指向する……というネジレの現象があったとか。

2012_P082-083_BHS_12_520.jpg
去る10月6日に喉頭ガンのため他界したエディ・ヴァン・ヘイレン。昨年、肺や大脳への転移がわかり、15年より闘病生活を送っていたが、帰らぬ人となった。享年65。(写真/Getty Images)

 2代目シンガーはサミー・ヘイガー。彼を迎えた新生ヴァン・ヘイレンも、86年の『5150』を皮切りにヒット作を連発した。ヘイガー時代はアルバムでいえば4枚だが、デイヴ・リー・ロス時代とほぼ同じスパンに渡る。だが、家庭の事情と方向性の違いが重なってエディと対立したヘイガーは脱退。その直後のベスト・アルバム用の新曲にはデイヴ・リー・ロスが参加していたが、デイヴとエディが再び対立し、96年に元エクストリームのゲイリー・シェローンが参加したものの、アルバム1枚で脱退した。こうして00年前後、ヴァン・ヘイレンは休止状態となる。その時期にはサミー・ヘイガーとデイヴ・リー・ロスが合同ツアー「サム&デイヴ」を敢行したが、そこに参加したことを咎められ、ベーシストのマイケル・アンソニーは――パタリロが素顔のジーン・シモンズと勘違いした人物――は、のちにヴァン・ヘイレンを解雇されてしまう。代わりにベーシストとなったのはエディの息子、ウルフギャングだった。03年からサミー・ヘイガーが復帰するもツアーとベスト・アルバムだけで、新作は実を結ばず。この頃は深刻化したエディのアルコール依存症が活動に影を落としていたようだ。

 しかし! 07年には三度デイヴ・リー・ロスが復帰し、全米ツアーを開始。12年には、久々のアルバム『A Different Kind of Truth』を発表した。同作は評価が高く、新たに何かが始まる予感もしたものだが、このあたりからエディの体調が案じられる……。

 さて、改めて。ヴァン・ヘイレンの魅力は、エディのスキルによる部分も大きかった。タッピング奏法で知られる、ハードロック界を代表するギタリストであり、マイケル・ジャクソンの「Beat It」への参加も有名だ。だが舌ガンとなった原因は、ギター演奏中に金属製のピックを口にくわえる癖のせいだという(エディ本人の弁)。最初に発見されたのは00年。その後は快方に向かったように見えたが、10年代に再発してから喉頭ガンとなり、ほかにも転移。最後の5年はほぼ闘病の日々だったようだ。10月6日に逝去、65歳だった。嗚呼。

(絵/濱口健)

丸屋九兵衛
ストレイト・アウタ・伏見稲荷な元・音楽誌編集者にして「万物評論家」。まだまだ続くコロナウイルス禍の中、オンライン・イベントが揺るぎなきメイン業務に。11月は【人類文化史月間!】と称してイベント連発中、ドラッグ論、カンフー史、サイコパス考、など。詳細はツイッター〈@QB_MARUYA〉にて。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ