サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第151回/【行き止まりの世界に生まれて】“男らしさ”の被害者
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第151回

『行き止まりの世界に生まれて』行き止まりの世界“ラストベルト”に住む“男らしさ”の被害者

+お気に入りに追加

『行き止まりの世界に生まれて』

2009_139297feddcde36e_200.jpg

アメリカの繁栄から見捨てられた街・ラストベルト。イリノイ州ロックフォードはクライスラーの工場地帯として栄えたが、業界の衰退とともに米国内最悪ともいわれるラストベルトと化した。その街に生まれ育った3人の少年は、家庭に問題を抱えつつもスケートボードに熱中し、やり場のない怒りや悩みをぶつけていた。やがて彼らは大人になり、現実を突きつけられる……。監督:ビン・リュー、主演:キアー・ジョンソン、ザック・マリガンほか。9月4日公開予定。

『行き止まりの世界に生まれて』はシカゴ郊外のロックフォードという人口15万の街に生まれ育った3人のスケボー少年を描くドキュメンタリーで、2018年のアカデミー賞にノミネートされた傑作だ。

 ひとりはザックという白人少年。いつもジョークばかりでワイルド。次にキアーという黒人少年。スケボーがうまく、明るく人懐こい。そして、中国生まれのビン。やせっぽちで内向的だが、彼らをいつもビデオで撮影している。3人はスケート・パークで出会い、人種を超えた友情で結ばれた。

 大人になり、シカゴでカメラマンとして働き始めたビンは、今まで撮った3人の映像をまとめて1本の映画にするため、ロックフォードに戻り、現実と直面する。

 ザックは屋根大工である父の工務店で働き、結婚して父親になった。息子を溺愛したが、いつしか酒に溺れ、妻を殴り、別居した。手に職のないキアーはレストランの皿洗いをしながらプロスケーターを夢見ていたが、先は見えない。温厚なキアーも時々、爆発して自分のスケボーを踏み割る。

 どうしてこんなに生きづらいのか? 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』