サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 【漢 a.k.a. GAMI】が激白する事件の真相

――裏社会のドラッグ、バイオレンス、セックスをラップしてきた漢 a.k.a. GAMI。本誌に幾度も登場し、近年は地上波のテレビ番組に出演して人気を集めていたが、5月初頭、大麻所持の容疑で逮捕された。保釈後、自伝『ヒップホップ・ドリーム』(河出文庫)を構成した音楽ライターの二木信氏が、事件の真相を探るべく本人を直撃!

2008_2008_237A8264_520.jpg
(写真/細倉真弓)

 東京都新宿区の戸塚警察署にある留置場の面会室の重い扉を開くと、席に着くのも待たず、漢 a.k.a. GAMIは「あれ? 俺、金の匂いがしましたか?」とすかさず軽いジョークを飛ばしてきた。彼の後方にいる留置担当官も堪え切れず、笑顔を見せる。

 5月2日、音楽レーベル〈鎖グループ〉の代表であるラッパーの漢 a.k.a. GAMIが、新宿区大久保にある自身のレーベル事務所の目の前の通りで、大麻所持の容疑で現行犯逮捕された。その10日後、覚醒剤の陽性反応が出たと報道されると、さらなる大きな衝撃がこの国のヒップホップ・シーンを揺り動かした。

 面会室でジョークを飛ばしていた漢は、しかし、レーベルの社長であり、地上波のテレビ番組にも出演していた影響力の大きい人気ラッパーである自身の逮捕を重く受け止め、保釈後の6月初旬にレーベルのYouTubeチャンネルに謝罪動画をアップ。そして、同月下旬にはラッパーとしての再出発を宣言する最新曲「Start Over Again」を発表した。

 インターネットなどでは漢の逮捕や謝罪動画をめぐるさまざまな見解や臆測が飛び交っているものの、この間、当事者が経験した逮捕の経緯や留置場での出来事、その過程で考えたことについてはほぼ報じられていない。漢は今、何を思うのか? 7月6日には梅雨空の中、東京地方裁判所で初公判が開かれたが、その少し前に再会した彼は次のように語った。

逮捕時の真実と謝罪動画の真意

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』