サイゾーpremium  > 特集2  > 【ワイドショー】“3密”現場最前線
第2特集
“新型コロナ報道”の正しい読み方【3】

ZoomよりもFaceTime、生出演5万円~……ワイドショー“3密”現場の最前線

+お気に入りに追加

――新型コロナウイルスの感染拡大により未曾有の危機的状況に陥っているのが、いわゆる“3密”環境での業務が大半を占めるテレビ業界だ。スタジオは秘匿性や音漏れ防止を優先した換気の悪い密閉空間、収録中の現場には演者、スタッフのみならずさまざまな関係者が集う。そんな現場ではどのような形で制作業務が行われているのだろうか?

2006_dounyu1_320.jpg
メインキャスターの感染者が発覚した『報道ステーション』の公式HPより。

 3密条件を満たしやすいテレビ番組の制作現場では、ほとんどのキー局で新型コロナ感染者が発生。テレビ朝日に至っては、局の看板報道番組ともいえる『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太アナの感染まで明らかになった。同局に出入りしている番組制作会社スタッフは語る。

「富川さんはプロ意識も高く、自分の立場も考えて、感染しないよう、それなりに警戒していたと思います。ただ、番組収録現場でもマスクを着けていないスタッフの姿が目立っていましたし、女子アナの中には婚活目的の飲み会に参加していた者もいたようです。まあ、折からのテレビ不況に加えて、“新型コロナショック”ですから、女子アナにしてみれば早く玉の輿に乗って安定したセレブ生活を送りたいのかもしれませんが(笑)」

 もっとも、同局に対するこうした手厳しい声がある一方で、「どこの局もそう大差はない」といった意見もある。

「テレ朝さんに限らず、どこの局も新型コロナの影響で報道番組やワイドショーの視聴率は好調ですからね。当初は番組内で散々その危険性や自粛を訴えながらも、現場のノリとしては“対策よりも視聴率”とばかりにイケイケな感じではありましたよ。スタッフに対するマスク着用の指示も、厳格化はされていなかったですしね」とは民放他局の報道番組スタッフ。だが、潮目が変わったのが4月7日の政府による緊急事態宣言の発令だ。

「緊急事態宣言の前日に、NHKや日本テレビ、TBS、テレビ東京などが番組の収録やロケの一時休止を発表したのは、政府の意向を事前にキャッチし、宣言に合わせた格好です。そしてこのタイミングから一気に、新型コロナに対する現場の雰囲気も変わりました」(前出の民放テレビ局編成担当)

 普段は局員以外にも多くの関係者が出入りしているテレビ局だが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

連載