サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【4】/【ドニー・イェン】ボストン、怒りの鉄拳!
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【4】

【バンギン・ホモ・サピエンス】ドニー・イェン――ボストン、怒りの鉄拳!

+お気に入りに追加

人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

ドニー・イェン(Donnie Yen)

2006_P090-091_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

1963年生まれ、公称身長173cm。細身のイップ・マン役では60キロまで落とし、ヴィン・ディーゼルと共演時は75キロに戻す徹底ぶりで知られる。あ、サモハンの『燃えよデブゴン』をリ・イマジンした『Enter the Fat Dragon』の日本公開は……?

2006_world2_520.jpg
(絵/濱口健)

 私はカンフー映画が好きだ。だが昨今、カンフー愛を吐露すると時折、返されるのが「今、カンフー映画なんてあるの!?」という無邪気な暴言。嗚呼、日本人よ。君たちは、ブルース・リー~ジャッキー・チェン~ジェット・リーで止まっているのか?

 世界を見よ、坂上忍になるな。絶対的な無知をマウンティングの要素にしてはならないのだ。今、宇宙最強はドニー・イェンなのだから。

「Donnie Yen」として知られる甄子丹。その中文名は広東語でイェン・ヂーダーンと読む(北京語ではヂェン・ズーダン)。ダーン、ダン、Don。というわけで“Donnie”である。

 1963年7月27日、中華人民共和国生まれ。2歳のときに香港に移住した……と聞くが、いつも私が不思議に思うのは、その時代の中国で、どういう人がどういう理由で国外に移住できたのか、その仕組みについてだ。なんにせよ、彼の生地は広東省広州市(クリス・ウーと同郷)であり、その後は香港。つまりストレイト・アウタ・カントンなのである。ただ、彼の人生を決定づけたのは、故郷である広東ではなく、11歳のときに移り住んだアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンだったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報