サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【3】/【ヴィン・ディーゼル】映画界の「ひとり多民族」
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【3】

【バンギン・ホモ・サピエンス】ヴィン・ディーゼル――映画界の「ひとり多民族」

+お気に入りに追加

人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

ヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)

2005_maruya_P082-083_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

1967年生まれ。D&D30周年記念本に序文を寄稿、『トリプルX』ではD&Dキャラの名をタトゥー化した、真のオタク。ローマと戦ったカルタゴの将軍ハンニバルに憧れ、ポエニ戦争ゲームも開発。そのロゴ入りパンツの勇姿でも知られる。

2005_maruya_P082-083_map001_520.jpg
(絵/濱口健)

 音楽業界の連中は口を揃えて「肌の色は関係ない」と言う。でも実際に彼らが重視する要素は人種だ。そう語ったのは、BTS(防弾少年団)に「Black Swan」を提供し、静かな“時の人”となったフィリピン系カナダ人ソングライターのオーガスト・リゴである。

 そう、人種/民族別マーケティングは米欧社会の基本。では、黒人にも白人にも見えず、ラティーノにも近いが実際は違う、そんな男はどうすればいい? それも、音楽界以上に外見がものをいう映画界でキャリアを築かんとしている俳優の場合は。

 その男、マーク・シンクレア・ヴィンセントは、生まれこそ北カリフォルニアだが、育ちはニューヨーク市。母はイングランド&スコットランド&ドイツ系、つまり白人だ。実の父に関して詳しくは語らないが、「世が世なら父母の関係は違法だった」と発言しているから黒人なのだろう。

 彼を育てた継父もアフリカン・アメリカンで、ニューヨーク大学で教えた演劇関係者。その影響のもと、7歳で初舞台を踏んだ彼は、シドニー・ルメット監督に憧れる硬派な演劇人として育つ。いとこのヒップホップ・グループ〈Kwame & a New Beginning〉のダンサーを務めたこともあるが、あくまで余技である。

 俳優として食べられるまでの道のりは遠い。だから彼は、鍛えた体を生かしてクラブのセキュリティの職に就いたのだ。その時に与えられた名がディーゼル。米語では「めっちゃ強い」くらいの意味だ。こうしてディーゼルなヴィンセント――〈ヴィン・ディーゼル〉が誕生した。

 ハリウッドに向かったが、黒人にも白人にも見えないmulti-racialな彼はなかなか役を得られない。その苦闘の日々を描いたのが、本人が脚本・監督・制作・主演した94年の超低予算短編映画『Multi-Facial』だ。……売れない俳優の主人公は今日もオーディション会場を巡るが、

「欲しいのはウェズリー・スナイプス系」
「えっ、スペイン語しゃべれないの!?」
「とてもいいが、我々が求めているのはドレッドヘアの俳優だ」

――そんな返事ばかり。オーディションの1日を終え、苦い思いで食堂に佇むヴィンさま。客が「濃すぎず、薄すぎないコーヒー」と注文するのを聞き、軽い自嘲を込めて苦笑する。「濃すぎず、薄すぎず、か」と……。まさに彼の現状を描いた、ほとんど実録作品であった。

 カンヌ映画祭で絶賛された同作に感銘を受けたスティーヴン・スピルバーグ監督の誘いで『プライベート・ライアン』に出演してから、ヴィンのキャリアは開ける。宇宙の極悪囚人リディックを演じた00年の『ピッチブラック』に続き、『ワイルド・スピード』(01年)、『トリプルX』(02年)でスターダムにのし上がるのだ。

 彼は「One Race Films」という映画会社を主宰している。『ワイルド・スピード』で名を成した彼だから、raceには自動車レースの意味もあるかもしれない。だがそれ以上に、種族のほうのraceだろう。スモーキー・ロビンソンが言うところの「世界にはひとつの人種しか存在しない。それはヒューマン・レース」である。

 黒人にも白人にも見えない「ひとり多民族」状態ゆえに苦労してきたヴィンさまだからこそのネーミング。そして彼は、『ワイルド・スピード』や『トリプルX:再起動』において、キャストの多様性実現に心を砕いてきたように見える。いまだに白人中心の配役が普通であるのみならず、アジア系のはずのキャラクターを白人が演じる傾向が強化される反動の時代にあって、ヴィン映画の主演陣はとてつもなく多様だ。『ワイルド・スピード』は黒人、白人、ラティーノ、サモア系、東アジア系、等。『トリプルX:再起動』に至っては、香港の功夫マスターやタイの少数民族、デンマーク生まれのインド人もいて、なんだかすごいのである。

 そうそう、ヴィンさまはプロデューサーでもある。そして、『ワイルド・スピード』『トリプルX』『リディック』、どのシリーズも途中からヴィンさま自身が制作に携わるが、その瞬間から話の整合性が崩壊&非科学的になり、しかし同時に最高のエンターテインメントとなるのだ。

 それらの作品で、ヴィン演じる主人公は仲間と共に各地を飛び回る。この「仲間と冒険」パターンを理解するためには、彼が筋金入りのファンタジー・ロールプレイングゲーム野郎であることを知らねばならない。

 テーブルトーク系ファンタジーRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」をご存じだろうか? コンピュータでもオンラインでもなく、数名でテーブルを囲み語り合って脳内ファンタジー世界を共有、そこで冒険するのだ。『指輪物語』の「旅の仲間」のような一行として。このD&Dはヴィン映画の土台……というか、彼の作品はほぼD&Dの翻案だ。

 こうしたファンタジーRPGの発想に「世界にはひとつの人種しか存在しない」精神を合わせるとどうなるか? 宇宙時代のイスラム教の聖地「ニューメッカ」を侵略する半死人軍団と戦う『リディック』になる!

 一方、世界を支配できる邪悪な装置を破壊するための大冒険『トリプルX:再起動』は、まんま『ロード・オブ・ザ・リング』である。だが、弓矢に長けたエルフの代わりに「凄腕のレズビアン・スナイパー」ルビー・ローズが、ホビット/盗賊の代わりに知恵で窮地を脱する元EXOのクリス・ウーがいる。最後の危機を救うのは、「時を超えて召喚された伝説の勇者」的なアイス・キューブ!

 オタクマインドとダイバーシティが両立しうる……どころか、とても絶妙なマッチングとなることを証明した偉人。わたしは心から尊敬する。ああ、いつか一緒にD&Dをやりたい。

(絵/濱口健)

丸屋九兵衛
ストレイト・アウタ・伏見稲荷な元・音楽誌編集者にして「万物評論家」、D&Dプレイヤー。以前告知したコービー・ブライアント追悼トークがコロナウイルスのアレコレでオンライン化を余儀なくされて以来、逆に勢いづいてオンライン・イベント傾向が進行中!詳細はツイッター〈@QB_MARUYA〉にて。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ