サイゾーpremium  > インタビュー  > 石丸元章とMCハピネスの【親子ドラッグ談議】
インタビュー
【サイゾーPremium 特別企画】

「パパ、大麻のCBDをやってみたいんだよね」石丸元章とMCハピネスの親子ドラッグ談議

+お気に入りに追加
2005_ishimaru01.jpeg
上がMCハピネス、下が石丸元章。4月初頭、親子はスカイプでドラッグについて語り合った。

 薬物使用者について取材しているうちに、自身も覚醒剤にのめり込んだ経験があるゴンゾ・ジャーナリストの石丸元章。1995年、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6カ月・執行猶予4年の判決を受けたこの作家は、一連の騒動をノンフィクション『スピード』『アフター・スピード 留置場→拘置所→裁判所』(いずれも文春文庫)で綴り、脚光を浴びた。そんな父親のことを、ひとり息子であり、中学3年生のラッパーでもあるMCハピネスはどう思っているのだろうか? そして、昨今の中学生の薬物に対するリテラシーはいかほどなのか? 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が7都府県で発令される直前、東京で執筆活動を行う父と、千葉の祖父母のもとで暮らす息子とのスカイプ対談が実現した。(構成/安楽由紀子)

コロナ休校中はずっとゲームしてる

石丸元章(以下、石丸) 新型コロナウイルスの影響で学校がずっと休みじゃん。何やってるの、毎日。

MCハピネス(以下、ハピネス) ずっとゲームしてる。

石丸 ダメじゃん(笑)。3月から休みになって、うれしいでしょ。「学校に行けず、友達と会えないのは残念です」とかマジメな顔で言ってる小中学生は、どーせ大人に言わされてるだけだと想像してるのだけど。学校、早く始まってほしいですか?

ハピネス それはないです、まったく。

石丸 そりゃそうだよねー。3月半ばくらいに一緒に回転寿司を食べに行ったときは、どうせキミはまだ公共意識のような高級な意識を持つに至ってないだろうと、マスクを持ってたのだけど、マスクをしてきたからビックリしちゃった。学校教育てちゃんとしてる。いい? 感染騒動には被害者も加害者もない、全員が当事者だからね。

ハピネス そんな深くは考えてないよ。自分がかからなければいい。

石丸 そして、おじいちゃんにうつしてしまえ。

ハピネス ……。

石丸 なんか言ってよ。

ハピネス ……。

石丸 なんのゲームやってるの?

ハピネス うーん。銃を撃ったりするゲーム。

石丸 ゲーム名を教えてよ。こういう記事の場合は、具体的な名前が欲しいわけ。

ハピネス 『フォートナイト』とか『エーペックスレジェンズ』。

石丸 オンラインで知らない人と? 男か女かもわからない人と?

ハピネス うん、わからない。

石丸 そういう人に「裸の写真を買ってあげるから、撮って送って」と言われたことない? 世間のお父さん、お母さんは、そういうことを心配してるんだけど。

ハピネス きゃはは、絶対ない!

アヤワスカで見えた半透明の浮遊物

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ