サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【44】/機構影響を受けぬ【雪まつり】
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【44】

進化し差別化が進められる、気候影響を受けぬ雪まつり

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

2002_P123_sashikae_230.jpg
もっともハードコアな雪まつりのひとつともいわれる「新野の雪祭り」(長野県下伊那郡阿南町)のワンシーン。『祭りのふるさと あなん 阿南町の民俗芸能』(阿南町教育委員会)より。

 2019年は台風が猛威を振るい、各地に甚大な被害をもたらした1年だった。気象庁の調査によると、台風の発生数は平年より多い29個。日本への接近数は15個で、そのうち5個が上陸した。世界的にも各地で異常高温や大雨による災害が発生し、気候変動の影響は年々深刻になっている。

 その台風の襲来や大雨によって、多くの祭りや盆踊りが影響を受けた。徳島市の阿波おどりは8月14日、15日の2日間が開催中止に。荒天による中止は16年ぶりのことだったという。同地の阿波おどりの場合、演舞場でのチケット販売が重要な収入源となっているため、開催中止による経済的ダメージは大きい。また、市内のホテルで宿泊のキャンセルが相次ぐなど、損害は広範囲に及んだようだ。

 そして、近年の急激な気候変動の影響をダイレクトに受けているのが、北海道や東北で行われているさまざまな「雪まつり」だ。気象庁によれば、温暖化が進んでいるとはいえ、北国の降雪量そのものにはそれほど大きな変化傾向は見られないという。むしろ問題となっているのは、気温上昇による雪像倒壊などの危険性が高まっている点。

 毎年冬に開催される「さっぽろ雪まつり」(北海道札幌市)は雪で作った大小の像が展示され、200万人もの観光客が訪れる冬の札幌の風物詩だ。札幌観光協会と札幌市の主催によって1950年に初開催され、初年度は地元の中高生が作った6体の雪像が展示された。当初は手作りの素朴な祭りだったが、年々規模は拡大し、トラックとブルドーザーを動員した巨大な雪像作りも行われるようになった。そして事故が起きたのは12年。その日は初春なみの気温だったこともあり、一部の雪像が倒壊し、観光客が怪我を負ってしまったのだ。以降、「さっぽろ雪まつり」では再発防止のため、雪像のデザインに関するガイドラインを強化した。

 先述したように降雪量自体は大きく減少していないとはいえ、この20年の冬は暖冬の影響から降雪量が少なく、北海道でもオープンできないスキー場が相次いでいる。例年は市の郊外からトラック約3000台分の雪を集めている「さっぽろ雪まつり」でも、普段集めている地区の分だけでは足りず、ほかの場所を探しているという。雪がなくては祭り自体が開催できないわけで、降雪量の増減は市としても重要な問題といえる。

 戦後になって始められた新しい「雪まつり」とは、厳しい冬になんとか観光客を呼び寄せるために考案された観光イベントの一種でもあった。東北各地で行われている「かまくら祭り」もそのひとつ。もともとかまくらとは雪洞の中に祭壇を設け、水神様を祀る小正月行事。それが観光資源として活用され、現在のような観光イベントとなった。

 こうした「かまくら祭り」もまた、積雪量によって祭りの開催自体が危ぶまれることがある。暖冬だった16年の冬、栃木県日光市・湯西川温泉のかまくら祭ではまとまった雪が用意できず、開催を延期することに。1週間遅れでようやく開催にこぎ付けた過去がある。

 近年、そんな雪まつりもマツリ・フューチャリズム的な展開を見せている。「さっぽろ雪まつり」では13年からプロジェクションマッピングを実施。また、各地の雪まつりでライティングやキャンドルによる演出が施されるようになっているほか、「山中湖富士山雪まつり」(山梨県南都留郡山中湖村)や「山谷・坪野ほんやら洞まつり」(新潟県小千谷市)では花火をメインコンテンツのひとつに掲げている。「つなん雪まつり」(新潟県中魚沼郡津南町)ではタイの「コムローイ祭り」や台湾の「平渓天燈節」同様、夜空に浮かぶランタンが目玉イベントに。そのように各地で他の祭りとの差別化が進められているわけだ。

 なお、雪まつりには長い歴史を持つものもある。中でも長野県下伊那郡阿南町に伝わる「新野の雪祭り」。民俗学者の折口信夫が「日本の芸能を学ぶものは、一度見る必要のある祭り」と紹介した同祭では、極寒の伊豆神社・諏訪神社で夜を徹してさまざまな神事と舞が奉納される。聞くところによると、「眠く、寒く、煙い」という三拍子が揃い、観覧のハードさは雪まつり随一だという。観光イベントとしての雪まつりに刺激を感じなくなってしまった方は、「新野の雪祭り」を一度体験してみるのはいかがだろうか。

大石 始(おおいし・はじめ)
旅と祭りの編集プロダクション「B.O.N」のライター/編集者。07年より約1年間をかけ世界を一周、08年よりフリーのライター/編集者として活動。著書に『ニッポン大音頭時代』(河出書房新社)、『ニッポンのマツリズム 盆踊り・祭りと出会う旅』(アルテス・パブリッシング)、編著書に『大韓ロック探訪記』などがある。新刊『奥東京人に会いに行く』(晶文社)が発売中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ