サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【45】/【イズム】が蘇る2020年の音頭
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【45】

JAGATARAが30年ぶりの新曲発表!――イズムが蘇る2020年の音頭

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

2003_P131_MF_03_JK_320.jpg
今年1月29日に発売されたJAGATARA2020名義でのジャイアント・シングル『虹色のファンファーレ』。永山愛樹がボーカルを務める新曲「れいわナンのこっちゃい音頭」をはじめ、未発表曲も収録。

 なんとJAGATARA(以下、じゃがたら)が30年ぶりの新曲を発表した――そう書いてピンとくるのはおそらく40代後半以上だろう。なにせ前身バンドを結成したのが1979年、解散したのが1990年。僕もリアルタイムで彼らのライブを観たわけではないが、当時を知る諸先輩の話によると、じゃがたらのライブはとにかく凄まじかったらしい。アフリカ音楽やファンクをのみ込んだパフォーマンスは4時間に及ぶこともあったそうで、とりわけ伝説化されているのがボーカルの江戸アケミ。80年代前半は自分の身体をナイフで切りつけてみせたり、ニワトリやヘビを食いちぎるなどのパフォーマンスを展開。のちには精神疾患を患ったことで奇行を繰り返した時期もあったが、社会に対して切り込むメッセージ性の強い歌詞が熱狂的な支持を獲得した。90年1月27日には入浴中の事故により死去、その後バンドは解散してしまう。

 なぜマツリ・フューチャリズムをテーマとする本連載でじゃがたらの話をしているかというと、〈JAGATARA2020〉名義で発表された復活シングル「虹色のファンファーレ」に収められた30年ぶりの新曲のひとつが、「れいわナンのこっちゃい音頭」という楽曲なのである。それも阿波おどりのリズム感覚をアフリカ音楽のフィルターを通じて表現した、ほかに似たもののない音頭なのだ。

 ここでボーカリストに抜擢されたのが、愛知県のパンク・バンドであるTURTLE ISLANDの永山愛樹。江戸アケミの命日に行われた追悼コンサートにゲスト参加した顔ぶれを見ると、永山の異色さが際立つだろう。鮎川誠、いとうせいこう、町田康、大槻ケンヂ、向井秀徳、七尾旅人、折坂悠太などなど、錚々たるメンツの中、じゃがたら復活の新作に抜擢されたのが永山だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』