サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【45】/【イズム】が蘇る2020年の音頭
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【45】

JAGATARAが30年ぶりの新曲発表!――イズムが蘇る2020年の音頭

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

2003_P131_MF_03_JK_320.jpg
今年1月29日に発売されたJAGATARA2020名義でのジャイアント・シングル『虹色のファンファーレ』。永山愛樹がボーカルを務める新曲「れいわナンのこっちゃい音頭」をはじめ、未発表曲も収録。

 なんとJAGATARA(以下、じゃがたら)が30年ぶりの新曲を発表した――そう書いてピンとくるのはおそらく40代後半以上だろう。なにせ前身バンドを結成したのが1979年、解散したのが1990年。僕もリアルタイムで彼らのライブを観たわけではないが、当時を知る諸先輩の話によると、じゃがたらのライブはとにかく凄まじかったらしい。アフリカ音楽やファンクをのみ込んだパフォーマンスは4時間に及ぶこともあったそうで、とりわけ伝説化されているのがボーカルの江戸アケミ。80年代前半は自分の身体をナイフで切りつけてみせたり、ニワトリやヘビを食いちぎるなどのパフォーマンスを展開。のちには精神疾患を患ったことで奇行を繰り返した時期もあったが、社会に対して切り込むメッセージ性の強い歌詞が熱狂的な支持を獲得した。90年1月27日には入浴中の事故により死去、その後バンドは解散してしまう。

 なぜマツリ・フューチャリズムをテーマとする本連載でじゃがたらの話をしているかというと、〈JAGATARA2020〉名義で発表された復活シングル「虹色のファンファーレ」に収められた30年ぶりの新曲のひとつが、「れいわナンのこっちゃい音頭」という楽曲なのである。それも阿波おどりのリズム感覚をアフリカ音楽のフィルターを通じて表現した、ほかに似たもののない音頭なのだ。

 ここでボーカリストに抜擢されたのが、愛知県のパンク・バンドであるTURTLE ISLANDの永山愛樹。江戸アケミの命日に行われた追悼コンサートにゲスト参加した顔ぶれを見ると、永山の異色さが際立つだろう。鮎川誠、いとうせいこう、町田康、大槻ケンヂ、向井秀徳、七尾旅人、折坂悠太などなど、錚々たるメンツの中、じゃがたら復活の新作に抜擢されたのが永山だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報