サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【26】/日本のkawaiiに感化された【エロティック】アーティスト

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1912_P123_img001_520.jpg
1912_P123_img002_520.jpg
https://www.kawaiisuga.com/Instagram〈kawaii.suga

 俺は自他ともに認めるインスタグラム中毒だ。なぜなら、インスタでは素晴らしい才能を持ったアーティストと出会うことが多いからだ。今回紹介するのは、数カ月前にインスタで見つけた、アメリカのシカゴ在住のエロティックなイラストを描くイラストレーター、イザマー・メディナ a.k.a Kawaii Suga(カワイイシュガ)だ。

 彼女のイラストの題材は、主に縄で縛られたりボンデージを身にまとったSM嬢や、巨大なサイズにデフォルメされた男根と戯れているセクシーでカワイイ女たちだ。彼女はグラフィティのアーティストたちのように、アメリカの郵便局に置いてある宛名用のステッカーにイラストを描いて街中に貼ったりと、ストリートなアーティスト活動もしていて、そんなところも俺は気に入っている。

 最初に彼女のイラストを見たとき、淡いピンクやクリーム色の色使いとか繊細なタッチがアメリカのイラストにはない感じで、日本在住の生粋の日本人イラストレーターかと思っていた。インスタのアカウント名も「カワイイシュガ」というネーミングだったしね。しかし予想は外れたものの、やはり日本人のイラストにはかなり影響を受けているようだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号