サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 識者が推薦する「戦争ドキュメンタリー」【4】/【宮崎大祐】異常な暴力が続くインドネシア宗教戦争
第1特集
識者が推薦する「戦争ドキュメンタリー」【4】

【宮崎大祐】全然ドラマチックじゃない! 異常な暴力がただ続くインドネシア宗教戦争

+お気に入りに追加

宮崎大祐(映画監督)

【宮崎大祐】全然ドラマチックじゃない! 異常な暴力がただ続くインドネシア宗教戦争の画像1

1980年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、黒沢清作品の助監督に。2011年に『夜が終わる場所』を監督。米軍厚木基地の近くで生きるラッパーの少女を描いた『大和(カリフォルニア)』(18年)が国内外で評価された。最新作『TOURISM』が公開中。

【宮崎大祐】全然ドラマチックじゃない! 異常な暴力がただ続くインドネシア宗教戦争の画像2
『ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~』は、NHKオンデマンドで見られる。

 今回のオファーをいただいて最初に思い出したのは、原一男監督の『ゆきゆきて、神軍』(1987年)でした。終戦直後のニューギニアで日本軍の下士官2名が隊内で処刑された真相を、元部隊員の奥崎謙三が追うという内容です。奥崎は昭和天皇パチンコ狙撃事件などを起こしたアナキストで、証言を得るために関係者をぶん殴ったりする。初めて見た大学生のときは彼の狂気ばかりが印象に残りましたけど、平成から令和になって改めてこの作品について考えるようになったんです。

 僕は80年生まれで、亡くなった祖父は戦時中、中国の強制収容所におりました。詳しく教えてくれなかったから、実際に何があったのか、そのモヤモヤが自分の中に今も残っていますが、僕より下の世代はそういう体験すらなかったりする。つまり、どんどん戦争の記憶が薄れていく。『ゆきゆきて、神軍』はだから、戦争の記憶を掘り起こすものとしての原点だと思ったんです。尊厳もクソもない戦地の生き地獄を、奥崎は明らかにしていく。あの執拗さは彼の戦争に対する怨念の深さ。そして、その暴力の連鎖が結実する様子までも描いています。

 ただ、戦争、内戦、紛争のすべてを映像で伝えるのはとても難しい。究極の暴力は本当に複雑で、想像を超えるほど残酷です。それを痛感させられたのが、ポル・ポト政権下のカンボジアで大量虐殺が行われた処刑場「キリング・フィールド」と政治犯収容所「S21」の跡地や、アウシュヴィッツ強制収容所を訪れたとき。いずれもドキュメンタリーがありますが、現地での体験がはるかに勝っていますね。ショックで数日間寝込むほどでした。その凄惨さと似たものを感じたのが『POSO』。これは上映、パッケージ化されておらず、90年代末にインドネシアの港町ポソで勃発した宗教紛争を現地の一般人が撮影して簡単に編集した10分程度の映像。誰かが動画共有サイトにアップして知られるようになったのですが、ネットでは「検索してはいけないワード」として有名です。首に生々しい刀傷が残る子どもの遺体、頭にナタが刺さって倒れる人の様子など、異常に暴力的な映像が続きます。

 インドネシアはいろんな人種、宗教、思想が多層的に入り乱れているのですが、近代化の過程にあった65年、クーデターでスカルノからスハルトへ政権が交代した後、大虐殺が行われました。国内でそのことは今もまったく語ることができず、掘り起こそうものなら一族皆殺しというレベルです。この出来事を追った『アクト・オブ・キリング』という映画がありますが、現地の人たちいわく「真相の入り口にも到達できていない」と。ただ、『POSO』では、そうしたインドネシア社会に潜在するタブーや狂気を少しだけ垣間見られる。ポソの宗教戦争の発端はムスリムの少女がキリスト教徒にレイプされたという“噂話”なのですが、そこまで苛烈な暴力に発展するのかと唖然としましたね。また、ネット時代における暴力の伝達方法としても特筆すべきだと思います。

 とはいえ、戦争も暴力も本当は全然ドラマチックじゃない。想像以上にえげつないと同時に、あっけない個人の死の集積でもある。そのことは、NHKスペシャル『ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~』(16年)を見て思い知らされました。1992年、自衛隊だけでなく、全国の派出所などで働く普通の警察官もPKO(国連平和維持活動)でカンボジアに派遣されていたんです。「安全地帯だから」と言われて、武器も持たずに。しかし、実際の赴任先はポル・ポト派がゲリラ活動する危険地帯だった。そして帰国まで残り2カ月というとき、武装勢力に襲撃されてひとりの警官が亡くなります。でも、公式にはいまだに真相は明らかにされていない。この出来事を丁寧に追った番組では、生き残った隊員たちがその後の人生で苦悩していたことも映し出されました。

 今の日本では「憲法9条改正へ」という流れがありますが、仮に自衛隊が海外派兵されれば、同じようなことは当たり前のように起こり得る。そして、周辺の国や地域には『POSO』のような状況が存在するかもしれないし、果ては「ゆきゆきて」です。戦争の記憶が薄れているからこそ、ここまで挙げたドキュメンタリーを見てもらいたいですね。

(構成/宮崎敬太)
(構成/編集部)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ