サイゾーpremium  > 連載  > 伊藤文學の薔薇族回顧譚【10】/【三島由紀夫に美輪明宏】薔薇族を彩った著名人
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【10】

【薔薇族回顧譚】三島由紀夫に美輪明宏――「薔薇族」を彩った著名人

+お気に入りに追加

――日本初のゲイ雑誌「薔薇族」創刊編集長が見た、ゲイメディアの勃興とその足跡をたどる

1907_barazoku_200.jpg
『楽に生きるための人生相談』(朝日新聞出版)

 日本初の商業ゲイ雑誌「薔薇族」ゆかりの人物には、芸能人やスポーツ選手、作家など、社会的に知名度の高い人物も多数いたことが知られている。

 その中でも、「薔薇族」元編集長・伊藤文學にとって特に思い出深い人々のエピソードをたどっていこう。

「薔薇族」の力強い応援者として真っ先に名前を挙げるべきは、やはり歌手・タレントの美輪明宏氏だろう。

「美輪さんはずっと『薔薇族』のことを応援してくれていた。雑誌を創刊したときも、わざわざ古くて小さい第二書房まで買いに来てくれたんだよ。紫色のロールスロイスに乗って颯爽と」

 よく知られていることだが、美輪氏は日本の戦後芸能界の中でいち早く「セクシュアリティのカミングアウト」をした人物だ。1957年、東西芸能出版社の雑誌「アサヒ芸能」(現・徳間書店)上でのことである。打ち明けられた取材記者の「そんなことを言ってはいけない、隠したほうがいい」という忠告を「本当のことだから書いてほしい」と押し返してのカミングアウトだった。

 そのあと世間から長く“化け物扱い”され続けたという美輪氏にとって、ゲイというセクシュアリティを肯定するべくつくられた「薔薇族」は、応援と期待に値するものだったに違いない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載