サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > インターネットの裏面史【1】/【ネットの自由】を啓発する思想本

――近年、さまざまな形でインターネットの歴史を振り返る回顧企画が行われている。リアルな生活にも大きな革命を引き起こしてきた一方、ネットの片隅では、時に法を犯しながらその世界を作り上げていった。ディープウェブ、サイファーパンクなど、インターネットの「裏」面の現在とは?

1907_P042-045_img001_320.jpg
スティーブ・ジョブズも禅思想に傾倒していたことは有名ですよね~。

 89年にWorld Wide Webの仕組みを考案し、『Webの創成』【1】を記した元CERNの研究者、ティム・バーナーズ=リーが、18年末に行われたロイターによるインタビューで「ウェブの現状に失望している」と発言し、大きな話題となった。00年代頃から急速に進行していったインターネットのインフラ化は、GAFAなどの一部大企業による独占、そして、それに反発する中国、ロシアをはじめとする各国政府の管理など、ネットの世界に強大な権力と統制をもたらし、その強制力は、現在進行形で強まっていくばかり。

 World Wide Webが生まれたての時代に人々が目指していたのは自律分散型システムによって、個人が自己の責任のもとに自由なつながりをもたらす民主主義的な空間であった。しかし、そんな理想郷はいつの間にか権力による独占管理やフェイクニュース、ヘイトスピーチ、さまざまな犯罪が横行する空間に成り果ててしまっている。

 そして、ネットの自由を求める人々の最後の望みとなっていたのが「ダークウェブ」だ。クロムやファイアーフォックスなど通常のインターネットブラウザでは到達できず、GAFAや政府の管理さえも届かないその空間では、匿名通信によって反政府系の情報交換や違法商品の取引などが活発に行われている。日本でも、18年のコインチェックによる仮想通貨流出事件で流出したNEMはダークウェブ上でロンダリングされていることが話題となり、ブロガー・文筆家の木澤佐登志氏による『ダークウェブ・アンダーグラウンド』【2】や、ロンドンのシンクタンク「デモス」に所属するジェイミー・バートレットの『闇ネットの住人たち』【3】、そして、セキュリティ集団スプラウトによる『闇ウェブ』【4】など、「闇」の内側を詳細に描く関連書籍も出版されている。

 いったい、インターネットはどこへ向かっていくのか? 地下水脈のようにして流れる「自由」の系譜を振り返りながら、その深層をのぞいてみよう。

 まず60年代後半、アメリカ国防省高等研究計画局の資金提供によって開発されたARPANET以降、さまざまな技術的改良がなされながら、大学や研究機関を中心にして世界中に広がっていったコンピュータネットワーク。70年代後半から80年代にかけて、コンピュータが徐々に一般にも普及していくようになると、まだ手つかずの自由な沃野を前にして、ヒッピー的な自由主義や反国家主義が合流。カウンターカルチャーの遺伝子が流れ込みながら発展していった。インターネット最初期のギークたちは、国家による監視が及ばない民主主義的な場所としてのサイバー空間に魅せられていったのだ。

 92年に産声を上げた「サイファーパンク」【5】と呼ばれるメーリングリストは、〝カウンターカルチャーとしてのインターネット〟の歴史を語る上で欠かすことができない。このメーリングリストでは、数学、暗号、そして政治や哲学など、多岐にわたるテーマが活発に議論されており、メンバーの中には国家や企業の秘密を公開するウェブサイト「ウィキリークス」の創設者であるジュリアン・アサンジや、Torプロジェクト(注:下段用語集【A】)の提唱者ジェイコブ・アッペルバウムなどが含まれていた。

 また、ロックバンド「グレイトフル・デッド」の作詞家であり、デジタル社会において自由を保護することを目的として作られた「電子フロンティア財団」の創立者ジョン・ペリー・バーロウは96年、米・クリントン政権が作った「通信品位法」に反対するために『サイバースペース独立宣言』を発表。その宣言は、次のようなカゲキな文言で始まる。

「産業世界を牛耳る政府どもよ、お前たち肉と鋼鉄でできたか弱い巨人どもよ、私は新しい精神の住処、サイバースペースの住人だ。未来のために私はお前たち過去の人間に要求する。我々のことは放っておいてくれ。お前たちは我々にとって歓迎すべからざる客だ。我々の集まるところでお前たちの権威は通用しない」

 味わい深い中二病的な文体はさておき、この「独立宣言」は反体制としてのサイバー空間を象徴するものとして、ハッカーなどのインターネットユーザーから熱狂的に支持された。ここでの「独立」という言葉が示すように、80~90年代インターネット空間は、情報インフラではなく「革命」のための場所だったのだ。

「同人」が勝利した日本のネットカルチャー

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ