サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【47】/【天皇皇后両陛下】で振り返る日本の生態系と夫婦関係
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【47】

天皇皇后両陛下のインペリアル目線で振り返る、日本の生態系と夫婦関係

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1905_Tennouten_520.jpg

 平成が終わり「令和」を迎える前に、天皇皇后両陛下の偉業を振り返る展示が各地で開催されています。東急百貨店での写真展「天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年」では、ノーブレス・オブリージュ精神が極まった、弱い立場の方々の心に寄り添われるお2人の博愛的なお姿に感動しました。皇室ゆかりの名品が集まった東京国立博物館での「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」は、見るだけで運気が高まる絵画や着物などが展示され、目の保養に。鶴のモチーフが多いのが印象的でした。国立科学博物館での「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」展は、長年ハゼ類のご研究をされている陛下の学者としての面に着目。頭部の孔器の配列でハゼを分類されたり、ハゼの肩甲骨について調べられたりと超マニアックです。最近は皇居のタヌキをご研究されて「溜め糞」を採取されて内容物を調べられています。やんごとなきお方が動物の糞に触れられるとは……。雑草にも優しかった昭和天皇のご精神を受け継いだ、あまねく生き物への慈愛を感じます。驚いたのは、皇居のタヌキが、日本のほかのタヌキとは違う、未知の遺伝的構成を持つハプロタイプB型だったという研究結果。インペリアルタヌキ一族でしょうか……? ほかの生物の遺伝子も調べてほしいです。

 そんな皇居東御苑内で開催されていたのは、御即位30年・御成婚60年記念特別展「御製・御歌でたどる両陛下の30年」。ありがたいことに入場無料で、民のことを考えてくださっています。両陛下が歌会始の儀で詠んだ和歌などが展示されていて、雅な歌で平成を振り返ることができます。等身大よりも大きい両陛下の肖像画が会場で見守ってくださる中、歌や写真の数々を拝見しました。両陛下の歌を拝読すると「平和を祈る」「国民の暮らしを思う」「地方や海外へのお出まし」「災害を心配する」「皇居の自然について」といった内容が多いようにお見受けします。天皇陛下が、窓からお庭の白樺をご覧になって詠まれた歌や、皇后陛下が皇居内の御田にお出ましの陛下をお見送りになる歌、地方の行幸啓先で提灯で迎えられる様子を詠んだ歌など、雲の上の世界です。皇后陛下による、手術後の天皇陛下を案じられる歌、一緒に散策される情景の歌など仲の良さが伝わる作品も印象的でした。世の夫婦も、年に一度でも歌を送り合うと円満な関係が保てるかもしれません。皇居内で山菜を摘まれる仲睦まじいお2人のお姿の写真を拝見していたら、山菜を入れるための白いレジ袋がシワひとつなくピシッとしているのが目を引きました。高貴な方が持たれると、レジ袋さえも形態が整ってしまうようです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』