サイゾーpremium  > 連載  > NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【7】/【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【7】

シリコンバレーが中国ベンチャーを「パクる日」

+お気に入りに追加

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界最大の人口14億人を抱える中国では、国家と個人のデータが結びつき、歴史に類を見ないデジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの楽園か、それともディストピアなのか――。

ピンドゥオドゥオ

元グーグルのエンジニアである中国人のコリン・ファンCEOが2015年に立ち上げたソーシャルショッピングサービス。中国のメッセージアプリであるWechat(微信)上で、友人や家族を巻き込みながら、ゲーム感覚で買い物をする仕掛けで大ブームを巻き起こした。中国の地方都市を中心に4億人以上のユーザーを抱えており、イーコマース分野でアリババに次ぐ第2位の座にまで上り詰めている。

1905_GITC_bl_200.jpg

 米国で流行しているビジネスを、あとから中国企業が「パクる」時代から、反対方向へシフトしているのかもしれない。

 2019年3月中旬、米国のサンフランシスコ市(カリフォルニア州)で、200社以上の有望なベンチャーが製品やサービスをお披露目するイベントが開かれた。これはYコンビネーターという、シリコンバレーでも屈指の影響力を持つベンチャーキャピタル(投資機関)が主催したイベントだ。そこに参加した、スクラムベンチャーズ共同創業者、宮田拓弥氏からこんな一言を聞いた。

「今回驚いたのは、中国のモデルをコピーする起業家たちが複数いたことです。水の流れる向きが、逆方向になってきています」

 これまでテクノロジーの世界では、中国が「パクる」のが当たり前だった。アップルのスマートフォンをパクったのは、中国のシャオミ(小米)だった。製品のみならず、故スティーブ・ジョブズの服装からプレゼンテーションのやり方まで、そっくり真似したコピープロダクトを見た時、その完成度にむしろ驚嘆したくらいだ。

 またある調査によれば、YouTubeがグーグルに買収されて世界的に有名になった翌年、中国ではYouTubeをパクった類似サービスが4000以上も誕生したという。

 そんなパクリ大国だった中国が、テクノロジー産業の成長に伴って、ついにパクられる側になっているというのだ。そして今回のイベントで話題だったのが、中国発のソーシャルショッピングサービスの「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」だ。多くの日本人は知らないが、15年に誕生した同社は、中国では合計4億人以上のユーザーを抱えている巨大なオンライン上のショッピングサービスになっている。その仕組みをまず、紹介したい。

地方都市で生まれたダークホース

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』